トゥエンティ・HP・40のエスパルガロが2連続の総合1番手

Moto2™ is powered by
Saturday, 23 February 2013

タイトルを獲得して来季からの最高峰クラス進出を視野に入れるエスパルガロが、バレンシアに続き、ヘレスでもサーキットベストラップを更新する最速リズムと最速ラップを記録。苦手意識があるウェットで成長の走りを見せた。

トゥエンティ・HP・40のポル・エスパルガロは、ヘレス・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストで総合1番時計を記録。7週間後の開幕戦カタールGPに向けて、順調な仕上がりを見せた。

バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで開催された今年初のオフィシャルテストで、3日間連続の1番時計を記録したエスパルガロは、ウェットセッションとなった初日に0.662秒差の4番手発進。

ドライコンディションとなった2日目は、最初のセッションから1番時計を3連発。1分42秒台を最多の6回記録すると、サーキットベストラップを0.374秒更新する最速ラップをマーク。3日目は、天候の回復を待ったが、走行をキャンセルした。

「テストの進み方は良かった。バレンシアのテストから同じ方向で進んでいるから、楽観的にシーズンが迎えられる。ヘレスではウェットで大きく良くなった。最後には上位に進出できて、このセッティングが他のサーキットで助けとなることを期待する。少しずつリズムを掴み、直ぐに昨年よりのタイムを更新できたことが嬉しい。これからは、3度目のテストと開幕戦に向けて、フィジカルトレーニングに取り組み、ベストなコンディションに整えることだ」と、5週間後のテストに向けて気を引き締めた。

今年初テストで総合8番手だったエステベ・ラバットは、10番手発進すると、2日目には1.075秒差の6番手に進出。3日目は走行を見送った。

初テストで12番手だったアクセル・ポンスは、ウェットでの走行をキャンセル。ドライのみの走行で、1.550秒差の13番手だった。

P.エスパルガロ
1日目: 1分54秒493 (43ラップ)
2日目: 1分42秒332 (48ラップ)

E.ラバット
1日目: 1分55秒241 (89ラップ)
2日目: 1分43秒407 (62ラップ)

A.ポンス
2日目 1分43秒882 (39ラップ)

テストベストラップ: 1分42秒332
サーキットベストラップ: 1分42秒706

Moto2 Jerez Test 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising