最終戦バレンシアGP:MotoGP™クラスプレビュー

Valencia Preview: MotoGP
Monday, 4 November 2013

2006年以来、2度目の最終戦決着を迎えるファイナルラウンド‐最終戦バレンシアGP。地元出身の2人、参戦1年目で史上最年少王者を目指すポイントリーダーのマルケスと2年連続3度目のタイトル奪取を狙うランク2位のロレンソが、年間王者に向けて対決する。

最終戦バレンシアGPは、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで8日に開幕、10日に決勝レースを迎え、第8戦ドイツGPから10戦連続してポイントリーダーを堅守するマルク・マルケスが、13ポイント差のアドバンテージを持って、シーズンファイナルラウンドに挑戦する。

1978年と1981年に50ccクラスを制覇した地元出身の英雄、リカルド・トルモの名称が刻むスタジアム型のサーキットは、1999年9月にオープニングイベントとしてグランプリが初開催されると、今年で15年連続の開催となり、2002年から12年連続して最終戦の舞台に指名された。

2006年以来、2度目の最終戦決着を迎えた中、マルケスは、3年前に4位に進出して、初タイトルとなる125ccクラスでチャンピオンに輝き、昨年はペナルティにより、最後尾から歴史的な32人抜きで優勝。1年前にMotoGPマシンを初走行した地元舞台に、ポイントリーダーとして登場し、ライバルの成績に関係なく、トップ4に進出すれば、史上最年少王者の記録を書き換えることになる。

前戦日本GPで2戦連続のポール・トゥ・フィニッシュを決めたランク2位のホルヘ・ロレンソは、今季最多勝となる7勝目を挙げて、13ポイント差に接近。2年連続3度目のタイトル獲得の可能性を自らの走りで引き寄せて、昨年転倒リタイヤ、2年前に負傷欠場、3年前に優勝したトラックで、逆転を目指す。

前戦でランク3位が決定したダニ・ペドロサは、今季4勝目、当地2年連続4勝目を虎視眈々と狙えば、ランク4位のバレンティーノ・ロッシは、来季を視野に今季2勝目、7度目の表彰台に挑む。

サテライト勢の最高位が決定したランク5位のカル・クラッチローは、3年間所属したモンスター・ヤマハ・テック3でのラストレースとなり、ランク6位のアルバロ・バウティスタ、ランク7位のステファン・ブラドルとのサテライトバトルに注目が集まる。

2年目のサブカテゴリー、CRT勢では、アレックス・エスパルガロが2年連続して最高位に進出。コーリン・エドワーズ、ランディ・ド・プニエ、エクトル・バルベラが2番手を目指す。

ランク19位の青山博一は、来季に向けて良い形で締め括れるように、今季7度目のポイント圏内進出を狙う。

決勝レース翌日の11日からは、3日間のオフィシャルテストが当地で開催。2014年に向けて準備が始まる。

TAGS Valencia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising