D.ウェッブが右前腕を骨折で次戦ドイツGPを欠場

Tuesday, 2 July 2013

伝統のTTアッセンで、マスボーに次ぐ軽量級2人目、ロレンソとコンテセに次ぐ史上3番目の最年少となる通算100戦目を迎えた22歳のウェッブだったが、今季初の転倒リタイヤを喫した際に右前腕を骨折したことから、次戦を欠場することになった。

アンブロージョ・レーシングは2日、第7戦TTアッセンの決勝レースで転倒リタイヤを喫したダニー・ウェッブが右前腕を骨折したことから、次戦ドイツGPを欠場することを発表した。

軽量級最多参戦のアレックス・マスボー(113戦)に次ぐクラスで2人目、ホルヘ・ロレンソ(21歳と28日)、サンドロ・コルテセ(21歳と73日)に続き、史上最年少3番手となる21歳と99日で通算100戦目を今季ワーストとなる29番グリッドから迎えた22歳の英国人ライダーは、10ラップ目に今季4度目の転倒リタイヤを喫した際に右前腕を強打。

クリニカ・モービルでの検査結果、右前腕橈骨(とうこつ)の骨折を確認。英国に帰国して、精密検査を受けた結果、次戦を欠場することが決まった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising