ヤマハ・ファクトリーのロレンソ&ロッシはヘレスでの上位進出に自信

Tuesday, 30 April 2013

開幕戦で1・2フィニッシュを決めたヤマハの両雄は、ライバルのホンダ勢にトップを譲ったが、過去に安定して優勝と表彰台を獲得したヘレスで、上位を奪い返して、ヨーロッパラウンドの好発進を目指す。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、今週末にホームレースとなる第3戦スペインGPに挑戦。バレンティーノ・ロッシは、サーキット最多優勝の記録を所有するヘレス・サーキットに乗り込む。

開幕戦カタールGPで優勝、第2戦アメリカズGPで3位を獲得して、ポイントリーダーにポイント差で並ぶランク2位のロレンソは、11年前にデビューしたホームサーキットで、最高峰クラスにおける2010年と2011年の連勝を含めて6度の表彰台を獲得。昨年はポールポジションから2位、オフィシャルテストでは総合3番手だったが、初日のウェットコンディションで1番時計、3日目にはレースシミュレーションを実行して、1分40秒台を連続22回記録。王者の貫録を誇示する圧倒的なリズムを刻んでいた。

「スペイン人ライダーにとって非常に特別なナイスなトラックを迎える。冷静さを維持して、チャンピオンシップのことを考えなければいけない。通常ヘレスはヤマハにとってベターなトラックだけど、ベストサーキットを見つけることは、このレベルでは決して分からない。ヘレスはオースティンよりも短く、ストレートはもっと短いから、不利が縮小されるだろう。お気に入りのトラックで、戦闘的になることは確かだ」と、自信を見せた。

11ポイント差のランク4位、ロッシは17度のヘレス挑戦で最多8勝を含め12度の表彰台を獲得。オフィシャルテストでは総合2番手に進出していた。

「ヘレスは非常に重要なレースになるだろう。テスト時より速くなると思うし、それを期待する。良い仕事をして、表彰台を狙う。まだやるべきことがある。特にバイクのセットアップだけど、幾つかのアイデアがある。レース後にはテストがあり、異なることにトライする機会となるだろう。ヘレス、ルマン、ムジェロは僕たちにとって有利となる。上手く行くだろう」と、3年ぶりの表彰台を目標に設定した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising