ヤマハ、2014年型スペックのエンジンを検証

Tuesday, 17 September 2013

オフィシャルテストに参加したヤマハの両雄、ロレンソとロッシは終盤戦に向けて、問題点の解決に専念。さらに、ブルノで予定していたプライベートテストが悪天候でキャンセルとなったことから、今回2014年型スペックのエンジンを搭載したプロトタイプマシンをシェイクダウンさせた。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシは16日、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPが開催されたミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリに延滞して、シーズン中3度目となるオフィシャルテストに参加。2014年型スペックのエンジンを検証した。

今季5勝目を挙げて、ランク2位に浮上したロレンソは、過去3度目の挑戦で優勝経験がない次戦アラゴンGPを視野に入れ、セッティングを中心にテスト項目を消化。合計67ラップを周回すると、1分34秒台を最多の34回、1分33秒台を5回記録して、0.238秒差の2番手に進出した。

「今日は、ここ数戦に見つかった幾つかの問題を解決する仕事に取り組める絶好の路面コンディションだった。アラゴンに焦点を当てて沢山周回して、幾つか興味深い解決策が見つかった。2014年型のエンジンも試した。すごく良く機能すると言わなければいけない。僕たちにとって重要なのは、シーズン終盤に向けて仕事をすること。特にアラゴンは、伝統的に非常に苦しむ」と、収穫があったことを説明。

4戦連続の4位進出で、ランク4位の座を堅固としたロッシは、75ラップを周回。1分34秒台を26回、1分33秒台を6回記録して、0.396秒差の3番手だった。

「天候に恵まれたのは幸運。ミサノでテストを実施することが根本的で、今後に向けて検証することが沢山あった。今年型のM1と来年に向けて幾つか新しいことがあるプロトタイプを走らせた。とてもポジティブな1日だったと言わなければいけない。今年型と2014年型を比較すると、パフォーマンスは似ている」と、シェイクダウンした2014年型のプロトタイプマシンを評価した。

TAGS 2013

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising