ヤマハ・ファクトリーのロレンソ&ロッシが今季初のダブルフロントロー

Saturday, 14 September 2013

ロレンソが今季9度目の1列目、ロッシが今季2度目の1列目を獲得。ヤマハの両雄が揃って、今季初めて1列目に進出することに成功。明日の決勝レースで優勝、表彰台を目指す。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で2番時計を記録。バレンティーノ・ロッシは3番時計を記録して、今季初めて両雄が揃って1列目に進出した。

初日総合4番手のロレンソは、フリー走行3で0.249秒差の3番手、フリー走行4で0.213秒差の2番手に浮上。公式予選2では、0.513秒差の2番手に入り、2戦連続9度目の1列目を確保。

「あまり難しくない週末になり、昨年よりも速く走ることを期待していたけど、速く走ることができず、バイクを良くすることができなかった。マルクは信じられないラップを刻んだ。ブレーキングで止まることに格闘している。加速の際に通常よりもスピニングがあるから、素晴らしいラップタイムを刻むことができなかった。」

「明日はグッドなスタートを切って、もしかしたら、ベストな作戦は、マルクを追いかけ、レース中のパフォーマンスを確認することかもしれない」と、当地3連勝に向けての戦略を明かした。

初日総合3番手のロッシは、午前のプラクティスで0.382秒差の4番手、午後には0.535秒差の4番手だったが、タイムアタックでは、0.658秒差の3番手に進出して、第8戦ドイツGP以来今季2度目の1列目を獲得。

「昨日の午前から良い仕事をした。各セッションでコンスタントだった。15分間の予選では、今季のベストセッティングで走った。グリップがある。渋滞に見舞われたけど、上手く走れた。2本目の新品タイヤを投入したときに、タイムが伸びだ。」

「明日は表彰台を獲得したい。そのためには、最初からグッドなリズムで走る必要がある。このレースは特別。レースが楽しみだ」と、目標を語った。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising