ヤマハ・ファクトリーのロッシ&ロレンソが1・2番手独占

Sunday, 24 March 2013

初日6番手のロッシが、ヤマハに復帰してから初めての1番時計を記録。会心の笑みを見せれば、ロレンソが2番手。ヤマハがトップ2を独占して、最終日にニューシャーシを投入する。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは24日、第3戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで開催中のオフィシャルテスト2日目に上位を独占。バレンティーノ・ロッシが1番手、ホルヘ・ロレンソが2番手に進出した。

初日6番手のロッシは、ドライコンディションの中で46ラップを周回して、1分40秒台を11回、1分39秒台を2回記録。ウェットセッションとなった昨年6月の第6戦イギリスGPフリー走行1以来、ヤマハではウェットとなった2010年10月の第17戦ポルトガルGPウォームアップ走行以来となる1番時計を刻んだ。

「重要じゃないけど、とても重要だ!ベストタイムで1日を終えることは最高。ポジションだけでなく、M1を僕のスタイルに適応するための初テストの後で、バイクのセットアップを幾つか変更した。」

「全てのセクションでホルヘのように速く走ることができたのは良かった。明日は幾つか小さな変更が加わったニューシャーシをテストする。僕たちのレベルをもう少し良くできることを期待する」と、会心の笑みで振り返った。

初日1番手のロレンソは、34ラップを周回。1分40秒台を14回、1分39秒台を1回記録して、0.015秒差の2番手。

「トラックはドライだったけど、完璧ではなかった。グリップがなく、幾つかのコーナーでバイクが安定感しなかった。全体的にはとてもポジティブなテスト。サスペンションと電子制御の仕事をした。レースペースでもっと快適になるように、加速でもっと安定感を得るために集中しなければいけない」と、課題を説明した。

V.ロッシ
1日目: 1分49秒443 (36ラップ)
2日目: 1分39秒525 (46ラップ)

J.ロレンソ
1日目: 1分47秒423 (39ラップ)
2日目: 1分39秒540 (34ラップ)

2012年ポールポジションタイム: 1分39秒532 (J.ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分38秒189 (2008年‐J.ロレンソ)

MotoGP Jerez Test 2013

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising