フリー走行3:A.バウティスタが今季初の1番時計

assen bautista motogp fp3
Friday, 28 June 2013

ハーフウェットの路面コンディションとなった3度目のプラクティスで、初日総合8番手のバウティスタが、今季初の1番時計を記録。ド・プニエ、ピロ、シルバが続き、初日総合3番手のマルケスは、ハードクラッシュを喫した。

第7戦TTアッセンのフリー走行3は28日、TT・アッセン・サーキットで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマーク。左鎖骨を手術したことから欠場したホルヘ・ロレンソがフリー走行1のタイムでフリー総合1番手を維持した。

気温13度。路面温度14度。ウェットからドライに路面コンディションが回復した中、初日総合8番手のバウティスタは、最多の17ラップを周回して、1分40秒029の1番時計。今季初めてセッションを制した。

初日総合15番手のランディ・ド・プニエは、0.194の2番手、CRT勢の最高位に進出すると、負傷代役のミケーレ・ピロとイバン・シルバが続いた。

フリー走行2を制した初日総合3番手のマルク・マルケスは、14ラップ目の14コーナーで今季8度目の転倒を喫したが、6.732秒差の5番手。初日総合2番手のカル・クラッチロー、アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデン、ダニ・ペドロサ、カレル・アブラハムが続き、初日総合4番手のバレンティーノ・ロッシは、8.138秒差の12番手。

フリー走行総合は、ドライコンディシィンで開催されたフリー走行1の順位が適応される。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising