S.ブラドル、23歳の誕生日に右前腕を手術

bradl after surgery
Friday, 30 November 2012

日本GPで右前腕の上がり症状に苦しんだブラドルが、今季から緊急治療のメディカルスタッフとして、グランプリに帯同するミル医師を訪れて手術を受けた。3週間後からリハビリを開始する。

LCR・ホンダのステファン・ブラドルは29日、バルセロナ市内の病院で右前腕上がり症状を克服するための手術を受け、30日に退院した。

23歳の誕生日となった29日に入院、手術を受けたドイツ人ライダーは、「チャビエル・ミル医師が思っていた以上に前腕の状態は良いことを説明してくれたから、手術を決断ことは本当に良かった。」

「今年のもてぎの日本GPで前腕の問題に苦しみ、2週間前に診断を受けた。チームと一緒に直ぐに手術することを決断して、上手く行った。誕生日を病院で迎えるのは奇妙だけど、チームのみんなやドクターたちが祝福に来てくれたのは嬉しかった」と、退院前に語った。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising