ウォームアップ走行:S.ブラドルが決勝レース直前に最速リズム

Sunday, 21 July 2013

最高峰クラスでキャリア初のポールポジションを奪取したブラドルが、決勝レース直前のプラクティスで最速リズムと最速ラップを刻むと、マルケス、ロレンソ、バウティスタ、ロッシが続き、ペドロサは11番手、青山は18番手だった。

第9戦アメリカGPのウォームアップ走行は、マツダ・レースウェイ・ラグナセカで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマーク。決勝レース直前のプラクティスを制した。

気温16度。路面温度30度のドライコンディションの中、ポールポジションのブラドルは、1分21秒台を最多の5回記録。1分21秒743の1番時計を刻んだ。

2番グリッドのマルク・マルケスは、1分21秒台を4回記録して、0.008秒差の2番手。

6番グリッドのホルヘ・ロレンソは、1分22秒台を最多の8回、1分21秒台を1回記録して、0.091秒差の3番手に浮上。

3番グリッドのアルバロ・バウティスタは、6ラップ目の5コーナーで今季5度目の転倒を喫したが、0.616秒差の4番手。

4番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、1分22秒台を7回記録して、0.651秒差の5番手。

5番グリッドのカル・クラッチローは、1分21秒台を5回記録して、0.731秒差の6番手。ブラドリー・スミス、アレックス・エスパルガロ、アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

7番グリッドのダニ・ペドロサは、1分22秒台を4回記録して、1.021秒差の11番手。

21番グリッドの青山博一は、1分24秒台を4回記録して、2.73818番手だった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising