イオダレーシングがローマ市内を疾走

Monday, 11 March 2013

ファンの名前をCRTマシンとMoto2マシンのカウルに表示するプロジェクトを立ち上げ、そのイニシアチブとして、ペトルッチが土曜の夜に歴史的な都ローマ市内を疾走した。

カム・イオダレーシング・プロジェクトは9日、ファンとの直接的な関係を確立することを目的に立ち上げたIODA Your PROJECT(イオダ・ユア・プロジェクト)のスタートとして、ダニロ・ペトルッチがCRTマシンでイタリアの首都ローマ市内を駆けた。

CRTとして最高峰クラス2年目を迎えるイタリアンチームは、ファンとの交流を図るために複数の活動を立ち上げ、その一環として、金銭的な支援を受けるファンの名前を最高峰クラスに使用するイオダ-シューターと中量級のシューターのカウルに表示する計画を発表。

新たなプロジェクトの始動として、チームを代表して、ペトルッチがローマ市内のサン・シルヴェストロ広場、ヴェネツィア広場、コルソ通りをイオダ-シューターで走行した。

チーム代表のジャンピエロ・サッキは、「我々のバイクがローマの重要な通りを駆け、その姿をが観られたことに大変感動しました。これは、イオダ・ユア・プロジェクトを具体的に表現するマーケティングとコミュニケーションの素晴らしい成果です。イニシアチブのスタートとしては、これ以上なことはありません」と、成功の立ち上げとなったことを説明。

大役を任されたペトルッチは、「ローマの中心部を走れたことは、とても感動的だった。MotoGPライダーとしては初めて歴史的なローマの町を自身のレーシングバイクで走ったことは、孫の代まで語り続けることになるだろう」と、興奮した。

ビデオ:

See all videos for this event

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising