公式予選:C.クラッチローが今季2度目のポールポジションを奪取

crutchlow motogp brno qualifying
Saturday, 24 August 2013

フリー走行総合1番手のクラッチローが、サーキットベストラップを更新する最速ラップを叩き出して、TTアッセン以来通算2度目のポールポジションを獲得。フリー走行総合7番手のバウティスタは、今季の最高位となる2番手に進出。フリー走行総合3番手のマルケスは、5戦連続8度目の1列目を確保。ペドロサ、ロレンソ、スミスが続き、ロッシは7番手。フリー走行総合17番手の青山は、明日の決勝レースを8列目22番グリッドから迎える。

第11戦チェコGPの公式予選は24日、ブルノ・サーキットで行われ、カル・クラッチローがトップタイムをマーク。第7戦TTアッセンGP以来今季2度目のポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度30度のドライコンディションの中、2日目午前のフリー走行3を制して総合1番手に躍り出たカル・クラッチローは、フリー走行4で3番手だった後、公式予選2でサーキットベストラップ(1分55秒799)を更新する1分55秒527の1番時計を刻み、昨年キャリア初の表彰台を獲得した当地で、キャリア2度目のトップグリッドを獲得した。

フリー走行総合7番手のアルバロ・バウティスタは、フリー走行4で7番手を維持すると、公式予選2では0.227秒差の2番手に進出して、今季2度目の1列目を獲得。

フリー走行総合3番手のマルク・マルケスは、フリー走行4で1分56秒台を最多の8回記録して、1番時計を刻むと、公式予選2では、0.336秒差の3番手に入り、5戦連続8度目の1列目を確保した。

フリー走行総合6番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で4番手、公式予選2で0.341秒差の4番手。

フリー走行1で1番時計を刻んだフリー走行総合2番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で2番手、公式予選2で0.422秒差の5番手。フリー走行総合8番手のブラドリー・スミスは、自己最高位タイとなる6番手。

フリー走行総合4番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で5番手、公式予選2で0.659秒差の7番手。ステファン・ブラドル、アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

フリー走行総合11番手のアンドレア・イアンノーネは、公式予選1で今季9度目の転倒を喫したが、1番時計を記録して公式予選2に進出。11番手に入れば、フリー走行総合14番手のコーリン・エドワーズは、公式予選2で2番手。2戦連続して公式予選2に進出して、CRT勢の最高位となる12番手に入った。

フリー走行総合17番手の青山博一は、フリー走行4でCRT勢の最高位となる11番手に進出したが、公式予選1で今季4度目の転倒が影響して、12番手。明日の決勝レースを8列目22番グリッドから迎える。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising