決勝レース:P.エスパルガロが2戦連続のポール・トゥ・フィニッシュ

Moto2™ is powered by
espargaro race assen moto2
Saturday, 29 June 2013

タイトル争いの主役、レディングとエスパルガロが優勝争いを展開。ランク2位のエスパルガロが2戦連続のポール・トゥ・フィニッシュを決めれば、エジャーターが今季初の表彰台を獲得。30番グリッドの高橋は26位だった。

第7戦TTアッセンの決勝レースは29日、TT・アッセン・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロが今季3度目のポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

気温18度。路面温度18度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で今季4度目の転倒を喫したポールポジションのエスパルガロは、ウォームアップ走行で1番時計を記録した3番グリッドのスコット・レディングとの優勝バトルを展開。0.117秒差で競り勝ち、開幕戦カタールGP、前戦カタルーニャGPに続き、2戦連続3度目の優勝を飾った。

4人による3位争いは、10番グリッドのドミニケ・エジャーターが競り勝って、今季初の表彰台を獲得。8番グリッドのミカ・カリオ、3番グリッドのエステベ・ラバット、2番グリッドのヨハン・ザルコが僅少さで続き、チャビエル・シメオン、トーマス・ルティ、ジョルディ・トーレス、アンソニー・ウエストがトップ10入り。

負傷欠場により、1つポジションが上がって30番グリッドからスタートした高橋裕紀は、単独走行で26位。

ウォームアップ走行で今季3度目の転倒を喫した中上貴晶は、左鎖骨を骨折。早期復帰を目指して、アッセン市内の病院、もしくはイタリアで手術を受けることになった。

ポイントランキングは、ポイントリーダーのレディングとランク2位のエスパルガロとのギャップが、30ポイント差に短縮した。

次戦ドイツGPは、ザクセンリンクで7月12日に開幕、14日に決勝レースが行われる。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising