フリー走行1:J.フォルガーが今季2度目の1番時計発進

Friday, 31 May 2013

ランク4位のフォルガーが開幕戦以来今季2度目の1番時計発進に成功。ポイントリーダーのビニャーレスはコンマ2秒差の2番手。ワイルドカードのロカテリが3番手に入り、リンス、ミラーが続き、ランク2位のサロンはコンマ9秒差の8番手。ムジェロ初挑戦の渡辺は、3.6秒差の25番手だった。

第5戦イタリアGPのフリー走行1は31日、ムジェロ・サーキットで行われ、ジョナス・フォルガーがトップタイムをマークした。

気温13度。路面温度13度のウェットコンディションの中、ランク4位のフォルガーは、2分10秒台を2回、2分09秒台を最多の3回記録。2分09秒450の1番時計を刻み、開幕戦カタールGP以来今季2度目の1番手発進に成功した。

開幕から2戦連続の2位、2戦連続の優勝でポイントリーダーとして昨年優勝を飾った当地に乗り込んで来たマーベリック・ビニャーレスは、2分10秒台を2回、2分09秒台を1回記録して、0.213秒差の2番手。

マヒンドラ・レーシングからワイルドカードとして招集を受けたイタリア選手権ランク3位のアンドレア・ロカテリは、4月に当地で開催された同選手権の開幕戦で優勝と3位を獲得した経験を活かして、2分10秒台を2回、2分09秒台を1回記録。0.320秒差の3番手に進出した。

ランク3位のアレックス・リンスは、2分10秒台を2回記録して、0.588秒差の4番手。ジャック・ミラー、ロマーノ・フェナティ、ミゲール・オリベイラが続いた。

前戦フランスGPのフリー走行3でハードクラッシュを喫したランク2位のルイス・サロンは、先週精密検査を受け、強打した背中と右手首にダメージがないことを確認。2分10秒台を3回記録して、0.974秒差の8番手に入り、イサック・ビニャーレス、ズルファミ・カイルディンがトップ10入り。

前戦の公式予選でハードクラッシュを喫したダニー・ウェッブは、右脚を骨折したが、頭部を強打したことから、決勝レースを欠場。前日のプレイベントでは元気な姿を見せた後、最初のプラクティスで18番手。

ムジェロに初挑戦する渡辺陽向は、2度のコースインで16ラップを周回して、3.652秒差の25番手。今季のベストスタートを切った。

前戦のフリー走行2で転倒を喫した際に右鎖骨を骨折したエフレン・バスケスは、前日のメディカルチェックをパスしたが、走行を見送った。

TAGS Italy

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising