フリー走行2:J.フォルガーが初日総合1番手

folger moto3 fp2 jerez
Friday, 3 May 2013

フリー走行1で2番手だったフォルガーが最速ラップを刻み、初日総合1番手に進出すれば、ポイントリーダーのリンスが最速リズムを刻んで、0.025秒差の2番手。ビニャーレス、カイルディン、ビンダーがトップ5入り。フリー走行1を制したサロンは1秒差の6番手。ヘレスでの走行経験がある渡辺は、連続33番手だった。

第3戦スペインGPのフリー走行2は3日、ヘレス・サーキットで行われ、ジョナス・フォルガーがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温22度。路面温度42度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったフォルガーは、1分48秒台を3回、1分47秒台を2回記録。1分47秒660の1番時計を刻んだ。

前戦アメリカズGPで初優勝を飾り、フリー走行1で5番手だったアレックス・リンスは、1分48秒台を2回、1分47秒台を5回記録して、0.025秒差の2番手に浮上。

フリー走行1で6番手のマーベリック・ビニャーレスは、1分48秒台を7回記録して、0.655秒差の3番手に進出すれば、フリー走行1で7番手のズルファミ・カルルディンは、0.795秒差の4番手。フリー走行1で20番手のブラッド・ビンダーは、0.958秒差の5番手に浮上。

5週間前のオフィシャルテストで総合1番手に進出して、フリー走行1を制したルイス・サロンは、1分48秒台を6回記録して、1.025秒差の6番手に後退。エフレン・バスケス、ロマーノ・フェナティ、アレックス・マルケス、ニクラス・アジョがトップ10入り。フリー走行1で3番手のニッコロ・アントネリは、1.340秒差の11番手に後退。

前戦の決勝レースで赤旗が提示される転倒を喫したジャスパー・イウェマは、午前中に16ラップを周回した後、午後には ラップを周回。強打した頭部の後遺症がないことを証明する走りを見せて19番手。

今大会がデビューとなる最年少16歳のリビオ・ロイは、1.983秒差の20番手。

オフィシャルテストで総合33番手、フリー走行1で33番手の渡辺陽向は、3度のコースインで最多の17ラップを周回。1分52秒台を9回記録して、4.488秒差の33番手だった。

TAGS Spain

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising