ウォームアップ走行:J.フォルガーが決勝前に1番手

Sunday, 13 October 2013

フリー走行3で2番手に進出した10番グリッドのフォルガーが、決勝レース前に最速ラップを刻み、リンス、マルケス、ビニャーレス、ミラーがトップ5入り。ポールポジションのサロンは8番手。28番グリッドの渡辺は、週末のベストラップをマークして、20番手に進出した。

第15戦マレーシアGPのウォームアップ走行は13日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク5位のジョナス・フォルガーがトップタイムをマーク。決勝レース直前のセッションを制した。

気温28度。路面温度34度のドライコンディションの中、昨年3位表彰台を獲得した10番グリッドのフォルガーは、2分14秒台を3回記録。2分14秒862の1番時計を刻んだ。

6番グリッドのアレックス・リンスは、2分15秒台を4回、2分14秒台を1回記録して、0.040秒差の2番手に浮上すれば、5番グリッドのアレックス・マルケスは、2分15秒台を4回記録して、0.181秒差の3番手。

9番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、2分15秒台を4回記録して、0.203秒差の4番手。ジャック・ミラー、エフレン・バスケス、ミゲール・オリベイラが続いた。

今季3度目のポールポジションを奪取したルイス・サロンは、2分15秒台を3回記録して、0.690秒差の8番手。

今季の最高位となる3番グリッドを獲得したニッコロ・アントネッリは、フィリップ・エッテルに続いて10番手。

自己最高位の2番グリッドを獲得したアレックス・マスボーは、0.780秒差の12番手。

公式予選で29番手、負傷欠場で28番グリッドから決勝レースを迎える渡辺陽向は、2分17秒台を3回、2分16秒台を1回記録して、1.597秒差の20番手に進出した。

フリー走行3で転倒したフロリアン・アルトは、右手首を骨折。公式予選で転倒したアレッサンドロ・トヌッチは右手首を骨折したことから、決勝レースを欠場する。

TAGS Malaysia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising