イデミツ・ホンダ・チーム・アジアがアジア人ライダーの育成を目的にCIPとコラボを結成

Moto2™ is powered by
Tuesday, 14 May 2013

アジアの活性化とヤングライダーたちの夢へのチャレンジを実現するために設立されたイデミツ・ホンダ・チーム・アジアが、活動の拠点となる南フランスのアリス・サーキットで、CIPと協力して、ライディングスクールの開校を発表した。

イデミツ・ホンダ・チーム・アジアは13日、フランス・アレスのポール・メカニック・サーキットで、将来のアジア人ライダーたちの育成を目的に、Moto3™クラスに参戦するCIPとのコラボレーションを発表した。

今年3月から当地に活動の拠点となるベースを設置した同チームのチームマネージャー、岡田忠之は、アレス市長をはじめ、フランス連盟の関係者、地元の報道陣が駆けつけた中で、CIP(インターナショナル・ライディング・センター)の代表であるアラン・ブロネックと共に、アジア人ライダーたちが欧州に渡り、グランプリライダーに必要な技術の習得を目的としたライディングスクールの開校を説明。サーキット内にダートトラックを整備されることも発表された。

発表会後には、高橋裕紀とCIPに所属するアラン・ティチャーがデモ走行を行った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising