レースディレクション、マルケス&ペドロサを召集

Tuesday, 1 October 2013

レースディレクションは、マルケスとペドロサの接触により、トラクションコントロールに関連するケーブルが切断したことから、ペドロサがハイサイドから転倒した事故に関して、次戦マレーシアGPの際に公聴会を開くことを決断した。

レースディレクションは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで発生したマルク・マルケスとダニ・ペドロサの接触及びその後の技術的な理由による転倒に関して、マルケス、ペドロサ、レプソル・ホンダの関係者をセパン・インターナショナル・サーキットで開催される第15戦マレーシアGPの開催前日に召集することを決断。公聴会を開くことになった。

レースディレクションのメンバーであるハビエル・アロンソは、「今回は非常に特殊な出来事でした。ライブで事故を見たとき、何も発生していないと考えました。マルケスがペドロサに接触したように見えましたが、あの接触とその後の転倒に関連があるとは、あの時点では理解しませんでした。」

「レース終了後、トラクションコントロールに影響するケーブルが切断したかもしれないという技術的な問題があったことが分かり、事故調査を実施することを決断しましたが、我々が所有しない技術的な詳細の報告を受ける必要があり、公聴会をマレーシアまで延ばすことを決めました。」

「もしかしたら、他の場所でその公聴会を開くことができたかもしれませんが、ペドロサはスイス、マルケスはレリダ、レースディレクターのマイク・ウェッブは、スペイン国外に住むことから、関係者全員を一ヶ所に招集することは困難であることから、決定を下す目的で、次のイベントのスタートに影響しないように、マレーシアに集まることにしました。」

「制裁かそれでないのか、全ての可能性が開かれています。インシデント(付随的な出来事)かアクシデント(偶発的な出来事)そのものか、回避できたことなのかを理解する必要があります。これは重要なことであり、理解した後、決断を下す必要があれば、より正しいと思われる決断を下します。」

「(限界の走りを規則に明記することは)大変困難です。もし、どのように規定するか、どこが限界になるのかを書面にするアイデアがあれば、我々はその意見を聞く意思がありますが、私を含めて、レースディレクションのメンバーは、決して同じアクシデントを見つけたことがありません。それぞれの状況が異なります。」

「マルケスとペドロサの場合、もしかしたら、もし、あのケーブルを肘もしくはクラッチレバーで切ろうとして、千回試したとしても、切ることはできないでしょう。あの場合、不運にも、そのようなことが発生しました。共通の合意になるように努力します」と、事故の状況を理解する目的で公聴会を開くことを説明した。

TAGS Aragon

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising