ドゥカティ&アビンティア・ブルセンス合同テスト:悪天候でテストプログラム消化不良

jerez day3 test
Friday, 30 November 2012

12月1日からのテスト禁止期間を前に最後のテスト日となったが、寒波に襲われたことから、予定していたテストプログラムを消化できずに最終日が終了。2月上旬のオフィシャルテストまでウインターブレークを迎える。

ドゥカティとアビンティア・ブルセンスの合同テスト3日目、最終日は30日、ヘレス・サーキットで行われたが、冷え込んだウェットコンディションにより、ニッキー・ヘイデンだけが走行を行った。

朝方の雨により、路面が濡れ、気温が上がらず、冷え込んだ気象状況だったことから、ヘイデンとテストライダーのミケーレ・ピロだけが、昼過ぎにコースイン。ヘイデンは18ラップ、ピロは6ラップを周回して、テストを終了。アンドレア・ドビツィオーソ、アンドレア・イアンノーネ、青山博一、エクトル・バルベラは走行を見送った。

ドゥカティ・チーム、プラマック・レーシング、アビンティア・ブルセンスは、2月5日からセパン・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストに参加する。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising