A.プーチがシュワンツの私論に異論

Monday, 29 April 2013

シュワンツがペドロサのキャリアとパフォーマンスに関して私見を語った後、個人マネージャーのプーチは敬意が不足する発言だと主張。ペドロサのデータだけでなく、シュワンツ自身のキャリアを見直すことを訴えた。

ダニ・ペドロサのパーソナルマネージャー、アルベルト・プーチは週末、ケビン・シュワンツがメディアの取材で応えたライダーのパフォーマンスに関するインタビューに対して反論。ペドロサのキャリアに敬意を払うことを訴えた。

1993年王者のシュワンツは、フランスのスポーツ紙、レキップの取材で、「ペドロサに不足していることは何もないです。それ以上に、アルベルト・プーチがいます。ダニは他の次元に到達するために自分自身で歩む必要があり、両親の要求から解放されていない子供のようです。ダニとは仲が良いですが、8年間ホンダのライダーとして、何も勝っていません。私が間違っていることを証明してほしいですが、そうなるとは思えないです」と、私見を述べた。

ホルヘ・ロレンソをはじめ、他のライダーたちに関しては、「ロレンソは、決定的にチャンピオン候補です。カタールでのレースがモデルとなります。マルケスはパーソナリティーを持ち、ハンドリングは素晴らしいです。カタールでの走りに惚れました。ロッシのタイトル獲得を期待します。モーターサイクルには彼が必要です」と、評価した。

シュワンツの意見に関して、ペドロサは、「プーチの仕事は新たなタレントを発掘すること。何をするべきか分かっていることを証明した。多くのライダーたちを支援して、その中にはチャンピオンやランク2位に進出したライダーたちがいた。」

「僕のキャリアの統計を再検証することを勧める。その後に話し合いができればいい。もしかしたら、決してMotoGP™クラスで勝てないかもしれないけど、その他にも沢山の記録がある」と、訴えた。

プーチは、スペインの一般紙、エル・ムンドにレターを送り、「ケビン・シュワンツ氏がテキサスのグランプリ期間中にダニ・ペドロサに関する発言に関して、私の視点から、意見を述べることが正当だと思います。」

「スポーツ面の視点から、唯一、独占的に統計に関して制限し、考えや意見を含まずに、100%データに関して話しをします。シュワンツ氏は、『8年間何も勝っていない』と、言いました。」

「検証しましょう。最初に、ダニは3つのタイトルを所有することを考慮しなければいけません。シュワンツは500ccクラスで1つのタイトルを獲得しました。彼は500ccライダーで、500ccのタイトルは、他のカテゴリーよりも最も重要であることに疑いはありませんが、3つのタイトルを損なうことはできません。チャンピオンシップの歴史を通して、全てのライダーやダニは、このクラスのタイトルを獲得してきました。排気量に関係なく、素晴らしいチャンピオンであったことは確かで、尊敬に値します。」

「データに関して、ダニは通算45勝を挙げました。その一方でシュワンツ氏は25勝です。ダニの45勝の内訳で、22勝が最高峰クラスです。さらに、表彰台を通算で113回、MotoGP™クラスで72回獲得しました。シュワンツ氏は51回です。ダニは55回、最高峰クラスで35回の最速ラップを記録しました。シュワンツ氏は26回です。」

「もし、データを参照すると、ダニの優等生は明白です。8年間何も勝っていないと言うのは、何を言っているのか分からず、非常に失礼です。」

「その一方でシュワンツ氏の理由は正しいです。ダニはまだタイトルを獲得していません。確かにその通りですが、彼のキャリアには多くの逆境に見舞われました。負傷のことを言います。あなたは手首の状態が非常に悪かったことから、引退したことを憶えています。ダニはほぼ全身が悪いですが、スロットルを開け続けています。」

「シュワンツ氏、ダニはまだタイトルを獲得していませんが、これからあなたにとって、気に入らないことを言わせていただきます。あなたは、86年にキャリアを始めてからタイトル獲得に8年を費やしましたが、唯一勝ったのは、ウェイン・レイニーのミサノにおけるアクシデントで、あの年にレースを止めなければいけなかったからです。もし、そうでなければ、あのタイトルを獲得できなかったでしょう。あなたはグレートなライダーで、大変素晴らしいスペクタクロな走りでしたが、リザルトを参照すると、あなたは常にエディー・ローソン、そして恒久的にウェイン・レイニーの影にいたことから、それほどチャンピオンを自慢しません。あのタイトルをあなたが獲得するのはぎりぎりなことでした。」

「ダニが誰も力も借りずに成長する必要があると言う発言に関して、私のことを示していますが、シュワンツ氏が走っていた80年代、90年代を思い出せば、あなたの仕事の仕方を見るのは興味深く、その一方で多くの若いライダーたちが欧州や世界中を遠征する際に、常に友人、もしくは同行者がいました。両親なしでは一歩を踏み出せませんでした。本当のところ、あの時代の仕事の仕方は非定型で、毎日両親が必要な甘やかされた子供のイメージがあったのでしょう。あなたの発言は、私に関することですが、あなたの発言通りに行動すれば、毎日両親がいなければ、多くのタイトルを獲得できたと訳せるでしょうか?よく考えてください。」

「それ以外に関して、私はレースから引退した後、ライダーの育成に関して懸命に仕事をしてきました。基本的には、ダニ・ペドロサですが、ケーシー・ストーナー、トニ・エリアス、アルバロ・バウティスタ、マルク・マルケス、フリアン・シモンといったライダーたちをある時期に指揮することがありました。彼らはチャンピオンシオンです。」

「シュワンツ氏は数年前からテキサスでライディングスクールを経営し、子供たちを支援しています。今日、1人のライダーも、欧州で飛び出すようなライダーは1人もいません。誰一人いません。」

「シュワンツ氏、もしかしたら、あなたには多くの機会があったことから、あの時のことを憶えていないかもしれませんが、私は明白に憶えています。」

「1994年、ホッケンハイムであなたとミック・ドゥーハンと一緒に表彰台に一緒に登る名誉がありました。ドゥーハンは数ラップ後に先に行ってしまい、私はあなたと2位争いをする名誉がありました。あなたは明白に私を破りました。あなたは私よりも大変優れていましたが、あのレースでは私のホンダは、あなたのスズキよりも速かったことを憶えています。あの森のロングストレートでスリップを利用して抜きましたが、シケインのブレーキングで抜き返されました。ゴールまだあと数ラップ。ブレーキで非常にストロングな形で抜かれました。あの瞬間、あなたは1人で走れ、私は追いかけることができないことを理解しました。ヘルメットの中で罵りましたが、同時に、『すごい奴だ。こんなにブレーキを遅らせることができるなんて!』と考えました。レース後、表彰台でお互いを祝福したとき、レースバイクを限界までブレーキできることを教わったあなたに対して、大きな尊敬と敬意を覚えました。」

「ダニ・ペドロサや中量級のタイトルを獲得した多くの偉大なチャンピオンに対して敬意が足りないあの記事を読み終わった後、悲しみを感じました。ホッケンハイムで生まれたあの敬意は完璧に失いました」と、敬意が足りない発言だと訴えた。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising