フリー走行1:J.ロレンソが今季6度目の1番手発進

lorenzo fp1 motogp brno
Friday, 23 August 2013

前戦で今季6度目の表彰台を獲得したランク3位のロレンソが、ザクセンリンク以来となる今季6度目の1番手発進を決めれば、ランク2位のペドロサ、ランク5位のクラッチロー、ポイントリーダーのマルケス、ランク4位のロッシが続き、ランク25位の青山は、2.4秒差の14番手、CRT勢の2番手に進出した。

第11戦チェコGPのフリー走行1は23日、ブルノ・サーキットで行われ、ランク3位のホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。今季6度目の1番手発進を決めた。

気温18度。路面温度24度のドライコンディションの中、前戦で4戦ぶりに表彰台を獲得したロレンソは、1分57秒台を3回、1分56秒台を5回記録。1分56秒698の1番時計を刻み、第8戦ドイツGP以来週末最初のプラクティスを制した。

前戦で4戦ぶりに表彰台を獲得したランク2位のダニ・ペドロサは、1分57秒台を7回記録して、0.343秒差の2番手。ランク5位のカル・クラッチローは、1分57秒台を5回記録して、0.360秒差の3番手。

前戦インディアナポリスGPで3戦連続4勝目を挙げたポイントリーダーのマルク・マルケスは、1分57秒台を8回記録して、0.422秒差の4番手。

ランク4位のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで最多の19ラップを周回。1分57秒台を7回記録して、0.545秒差の5番手。

ランク8位のアルバロ・バウティスタは、0.912秒差の6番手。ステファン・ブラドル、アンドレア・ドビツィオーソ、ブラドリー・スミス、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

ランク11位のアレックス・エスパルガロは、1分59秒台を5回記録して、2.394秒差を刻み、アンドレア・イアンノーネ、ミケーレ・ピロに次ぐ13番手。

前戦で今季2度目のポイントを稼いだランク25位の青山博一は、3度のコースインで15ラップを周回。1分59秒台を2回記録して、2.480秒差の14番手、CRT勢の2番手に進出した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising