フリー走行1:J.ロレンソが3戦連続5度目の1番手発進

Friday, 12 July 2013

前戦で左鎖骨を骨折したランク2位のロレンソが反時計周りのトラックで最速リズムと最速ラップを刻み、今季5度目の1番時計発進。ペドロサ、ロッシ、マルケス、ブラドルが続き、クラッチロー、ドビツィオーソ、イアンノーネが転倒。負傷から復帰した青山は、2.6秒差の19番手だった。

第8戦ドイツGPのフリー走行1は12日、ザクセンリンクで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度21度のドライコンディションの中、前戦TTアッセンで左鎖骨を骨折したロレンソは、1分22秒台を9回記録。1分22秒047秒を刻み、3戦連続5度目の1番時計発進を決めた。

昨年3年連続の優勝を挙げた当地に戻って来たランク1位のダニ・ペドロサは、1分22秒台を3回記録して、0.174秒差の2番手。

前戦TTアッセンで今季初優勝を飾ったランク5位のバレンティーノ・ロッシは、最多の25ラップを周回。1分22秒台を8回記録して、0.194秒差の3番手。

前戦で右手小指と右足親指を骨折したランク3位のマルク・マルケスは、1分22秒台を9回記録して、0.350秒差の4番手。

ホームグランプリを迎えるランク7位のステファン・ブラドルは、1分22秒台を6回記録して、0.413秒差の5番手。

アルゼンチンで開催されたオフィシャルテストに参加したランク4位のカル・クラッチローは、22ラップ目の1コーナーで今季6度目の転倒を喫したが、1分22秒台を9回記録して、0.422秒差の6番手。

CRT勢の最高位となるランク10位のアレックス・エスパルガロは、1分22秒台を3回記録して、0.594秒差の7番手。

ラボラトリーバイクの投入を決断したランク6位のアンドレア・ドビツィオーソは、6ラップ目の11コーナーで転倒を喫して、ニッキー・ヘイデン、アルバロ・バウティスタに続き、1.021秒差の10番手。

プライベートテストを経て、今週末からラボラトリーバイクを投入したアンドレア・イアンノーネは、11ラップ目の11コーナーで今季6度目転倒を喫して、ランディ・ド・プニエに続く12番手。

第5戦カタルーニャGPで左手の中指と薬指を負傷したランク24位の青山博一は、3度のコースインで20ラップを周回。1分25秒台を7回、1分24秒台を1回記録して、2.635秒差の19番手、CRT勢で7番手だった。

TAGS Germany

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising