J.ロレンソ、決勝レース参戦に向けてTTアッセンに到着

lorenzo latest on friday
Friday, 28 June 2013

初日に時速200キロ以上で走行中の高速13コーナーで転倒を喫した際に左肩を強打して、左鎖骨を骨折したロレンソが、緊急手術を受けた後、18時過ぎにパドックに到着。決勝レースへの参戦に向けて、ウォームアップ走行前にメディカルチェックを受けることになった。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは28日、バルセロナ市内の病院で骨折した左鎖骨を手術した後、TT・アッセン・サーキットに移動。18時過ぎにサーキットに到着して、チームに再会した。

フリー走行2の9ラップ目、時速200キロ以上で走行中の高速13コーナーで転倒を喫した際に左肩を強打。クリニカ・モービルでレントゲン検査を受けた結果、左鎖骨の骨折が判明したことから、早期復帰を目指して、プライベートジェットでバルセロナに移動。深夜2時から手術を受け、無事に成功した。

15時、再びプライベートジェットに乗り込んで、バルセロナ空港を出発すると、約2時間40分後にサーキットから約25キロに位置するフローニンゲン・エールデ空港に到着。明日、ウォームアップ走行前の8時にメディカルチェックを受ける。

チームマネージャーのウィルコ・ズィーレンベルグは、「明日の状態を確認しましょう。ウォームアップ走行に少なくてもトライするために、彼の状態が良く、医師たちが許可を下すことを願います。当然、鎖骨を骨折していた後で走ることは簡単ではありません。バイクを乗ることがリスクだと我々は自覚していますが、明日のメディカルチェックの後に決断しましょう。」

「注意深く状況を分析しますが、もし、負傷により明日、もしくは15日後に転倒した場合、状況はほとんど同じです。ここから違うシーズンが始まります」と、説明した。

もし、明日のメディカルチェックで医師団が参戦の許可を下せば、フリー走行総合で1番手だったことから、タイムセッションを欠場したが、公式予選2への参戦権を得ていたことにより、グループの最後尾となる12番グリッドからスタートする。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising