決勝レース:J.ロレンソが熾烈なバトルを制して今季4勝目

lorenzo motogp race silverstone
Sunday, 1 September 2013

プレスカンファレンスで優勝を狙うことを宣言した2番グリッドのロレンソが、ラストラップのバトルを制して、ムジェロ以来となる今季4勝目を挙げれば、ポールポジションのマルケスが5連勝を逃したが2位に進出。ペドロサ、ロッシ、バウティスタが続き、クラッチローは6位。21番グリッドの青山は18位だった。

第12戦イギリスGPの決勝レースは1日、シルバーストン・サーキットで行われ、ランク3位のホルヘ・ロレンソが6戦ぶりに優勝。今季4勝目を飾った。

気温18度。路面温度29度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で2番手だった2番グリッドのロレンソは、ホールショットを決めて、ポールポジションのマルク・マルケスとテール・トゥ・ノーズのバトルを展開。ラスト3ラップから抜き合ったが、ラストラップを制して、第6戦イタリアGP以来の優勝を飾った。

ウォームアップ走行で週末4度目の1番時計を記録したが、今季10度目の転倒を喫した際に左肩を脱臼したマルケスは、医師団の許可を得て参戦すると、左右の切り返しに苦労しながら、ゴールラインまで史上最年少の5連勝に挑戦。0.081秒差の2位となり、今季11度目の表彰台を獲得。

5番グリッドのダニ・ペドロサは、序盤トップ2とのギャップが2.7秒差に広がったが、巻き返して3位に入り、3戦連続8度目の表彰台を獲得。

6番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、ここ数戦を再現するように終盤に巻き返して、8番グリッドのアルバロ・バウティスタとの4位争いを展開。0.065秒差で競り勝って、3戦連続の4位。バウティスタは2戦連続の5位に進出。

4番グリッドのステファン・ブラドルは6位。ウォームアップ走行で週末3度目の転倒を喫した3番グリッドのカル・クラッチローは、単独走行で7位。ニッキー・ヘイデン、ブラドリー・スミスが続いた。

フリー走行4の転倒で左手小指を骨折、首を痛めた12番グリッドのアレックス・エスパルガロは、CRT勢の最高位となる10位に進出。

ウォームアップ走行で14番手だった21番グリッドの青山博一は、18位だった。

ポイントランキングは、ポイントリーダーのマルケスがランク2位のペドロサに30ポイント差のアドバンテージを広げれば、ランク3位のロレンソが39ポイント差に詰めた。

次戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPは、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリで13日に開幕、15日に決勝レースを迎える。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising