J.ロレンソ、ラグナセカ行きを決断

Wednesday, 17 July 2013

精密検査で順調に回復していることを確認したロレンソは、2度目の骨接合術後に、第10戦インディアナポリスGPまで治療に専念することを明白にしていたが、今週末の第9戦アメリカGPに復帰することを宣言。リスクを冒さない走りに徹する。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは17日、2度に渡って左鎖骨の手術を受けたホルヘ・ロレンソが、今週末にマツダ・レースウェイ・ラグナセカが開催される第9戦アメリカGPに復帰することを発表した。

第7戦TTアッセンのフリー走行2で転倒を喫した際に左鎖骨を骨折。1枚のプレートと8本のネジで骨折箇所を固定して復帰すると、2週間後の前戦ドイツGPのフリー走行2で今季3度目の転倒を喫した際に、左肩を強打。

固定プレートが屈曲したことから、10本のネジが必要な新たなプレートと1本のネジで再度固定する手術を受けて、決勝レースを欠場。しっかり治すために、第10戦インディアナポリスGPからの復帰を宣言していたが、16日に2度の手術を受けたバルセロナ近郊の病院で精密検査を受けた結果、予定通りに回復していることを確認。

「最終的にラグナセカに行くことを決断した。精密検査の後、医師たちと相談して、トライすることを決めた。最初は回復に向けて必要な時間を取って、インディアナポリスに復帰することを考えたけど、この2日間ですごく良い感じとなった。あそこに行きたい。あまりリスクを冒さないようにトライしよう」と、復帰を宣言した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising