ウォームアップ走行:J.ロレンソが決勝前に1番時計

Sunday, 13 October 2013

4番グリッドのロレンソが最速リズムで周回を重ねて、決勝レース前に1番手に進出。ペドロサ、マルケスが続き、2番グリッドのロッシが2ラップ目に転倒。ブラドルの負傷欠場により、15番グリッドからスタートする青山は、4ラップ目に転倒を喫した。

第15戦マレーシアGPのウォームアップ走行は13日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。決勝レース直前のセッションを制した。

気温30度。路面温度40度。昨夜の雨により、路面の一部が濡れたドライコンディションの中、4番グリッドのロレンソは、2分01秒台を5回記録。2分01秒408の1番時計を刻んだ。

5番グリッドのダニ・ペドロサは、2分01秒台を2回記録して、0.031秒差の2番手に浮上。

4戦連続8度目のポールポジションを奪取したマルク・マルケスは、2分01秒台を4回記録して、0.190秒差の3番手。

今季最高位となる2番グリッドを獲得したバレンティーノ・ロッシは、2ラップ目に今季4度目の転倒を喫したが、2分01秒台を4回記録して、0.264秒差の4番手。

3番グリッドのカル・クラッチローは、2分01秒台を1回記録して、0.392秒差の5番手。ニッキー・ヘイデン、アルバロ・バウティスタ、ブラドリー・スミス、アンドレア・イアンノーネ、アンドレア・ドビツィオーソがトップ10入り。

15番グリッドの青山博一は、4ラップ目に今季6度目の転倒を喫して、3.432秒差の17番手だった。

TAGS Malaysia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising