決勝レース:M.マルケスが1勝+4連勝で今季5勝目

marquez brno race motogp
Sunday, 25 August 2013

3番グリッドのマルケスが、ザクセンリンクから4連勝を達成。レジェンドライダー、ヘイルウッドの最年少記録を更新すれば、4番グリッドのペドロサが2戦連続の2位、5番グリッドのロレンソが2戦連続の3位を獲得。ロッシ、バウティスタが続き、13番グリッドのエスパルガロがCRT勢の最高位となる10位。22番グリッドの青山は、2戦連続のポイント圏内となる14位でゴールした。

第11戦チェコGPの決勝レースは25日、ブルノ・サーキットで行われ、マルク・マルケスが優勝。第8戦ドイツGPから4連勝を飾り、ポイントリーダーとして、ライバルたちとのポイントアドバンテージを広げた。

気温17度。路面温度23度のドライコンディションの中、3番グリッドのマルケスは、スタートで2番手に浮上すると、ラスト4ラップにトップに飛び出して、レジェンドライダーのマイク・ヘイルウッドが1962年に樹立した史上最年少の4連勝を51年に更新した。

ウォームアップ走行で1番時計を記録した4番グリッドのダニ・ペドロサは、ラスト3ラップに2番手に浮上。前戦インディアナポリスGPに続き、2戦連続の2位に入り、今季7度目の表彰台を獲得。

5番グリッドのホルヘ・ロレンソは、ホールショットを決めて、レースの主導権を握ったが、終盤に2人に抜かれて、2戦連続の3位、今季7度目の表彰台を獲得。

7番グリッドのバレンティーン・ロッシは、第9戦アメリカGPから3戦連続して、2番グリッドのアルバロ・バウティスタとのバトルを展開。0.077秒差で競り勝って、2戦連続の4位を獲得すれば、バウティスタは5位に進出。

8番グリッドのステファン・ブラドルは、単独走行で6位。アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデン、アンドレア・イアンノーネがトップ10入り。

13番グリッドのアレックス・エスペルガロは11位。今季10度目となるCRT勢の最高位に進出すれば、ベン・スピースの負傷代役として、スピース車を使用したミケーレ・ピロは、コーリン・エドワーズに次いで12位。

ウォームアップ走行で20番手だった22番グリッドの青山博一は、2戦連続3度目のポイント圏内となる14位でフィニッシュ。

ポールポジションのカル・クラッチローは、4番手走行中の8ラップ目に転倒。レースに復帰して、17位でゴールすれば、6番グリッドのブラドリー・スミスは、7番手走行中の3ラップ目に転倒リタイヤを喫した。

ポイントランキングは、ポイントリーダーのマルケスが、ランク2位のペドロサに26ポイント差、ランク3位のロレンソに44ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦イギリスGPは、シルバーストンで30日に開幕。1日に決勝レースが行われる。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising