公式予選:M.マルケスが3戦連続7度目のポールポジションを奪取

marquez motogp qualifying aragon
Saturday, 28 September 2013

ランク上位4人がポールポジション争いを展開した中、フリー走行総合1番手のマルケスが、シルバーストン、ミサノに続き、3戦連続してサーキットベストラップを更新。3戦連続7度目のポールポジションを獲得すれば、ロレンソ、ペドロサ、ロッシ、ブラドル、バウティスタまでがサーキットベストラップを突破。青山は今季の最高位となる14番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

第14戦アラゴンGPの公式予選は28日、モーターランド・アラゴンで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスがトップタイムをマーク。3戦連続7度目のポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温34度のドライコンディションの中、フリー走行総合1番手のマルケスは、フリー走行4で2番手。公式予選2では、サーキットベストラップ(2011年ケーシー・ストーナー:1分48秒451)を0.647秒更新する1分47秒804を叩き出し、予選最速を決定するBMW・M・アワーズでランク2位とのアドバンテージを49ポイント差に広げた。

フリー走行総合4番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で連続17ラップを周回すると、1分49秒台を最多の16回記録して5番手。公式予選2では0.010秒差の2番手に入り、3戦連続の2番グリッドを確保。

フリー走行総合3番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で1番手に進出。公式予選2では0.153秒差の3番手に入り、4戦ぶり7度目の1列目に進出。

フリー走行3で1番時計を記録したフリー走行総合7番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で6番手、公式予選2で0.158秒差の4番手。

フリー走行総合2番手のステファン・ブラドル、フリー走行総合5番手のアルバロ・バウティスタまでがサーキットベストラップを突破。

フリー走行総合6番手のカル・クラッチローは、フリー走行4で3番手に進出した後、公式予選2で7番手。公式予選1で1番手だったブラドリー・スミス、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。

フリー走行総合9番手のアレックス・エスパルガロは、1.544秒差で今季5度目のトップ10に進出。ニッキー・ヘイデン、アンドレア・イアンノーネが続いた。

ドゥカティのデスモセディチGP13に乗り換えたフリー走行総合14番手のヨニー・エルナンデェスは、公式予選1で3番手。

フリー走行総合17番手の青山博一は、フリー走行4で16番手。公式予選1で4番手に進出して、明日の決勝レースを今季の最高位となる14番グリッドから迎える。

負傷代役のルカ・スカッサとダミアン・カドリンは、公式予選1で12番手と14番手だった。

TAGS Aragon

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising