M.マルケス:「タイトルは考えたくない」

Wednesday, 24 April 2013

史上最年少優勝の記録を樹立したマルケスが、帰国便の機上で決勝レースのフルビデオを閲覧。レース毎に全力を尽くすことを強調すれば、タイトルはペドロサとロレンソの争いになることを予想した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、史上最年少の優勝記録を更新した第2戦アメリカズGPの決勝レース後、テキサス州オースティンからスペイン・バルセロナに帰国する機上でレースビデオを閲覧。バルセロナ空港到着後、メディアの取材に対応して、タイトルに関しては考えないことを明かした。

「(勝利)を受け入れているところだけど、2戦目での優勝は思ってもいなかった。ステップ・バイ・ステップでレベルを掴み、バイクを理解しているところだけど、これから迎えるヨーロッパでは、他のライダーたちが既に走り、ベースを持っていることを忘れてはいけない。難しくなるだろう。勝利は常に獲得できない。」

「タイトルのことは考えたくない。ほぼ不可能だろう。とても良い始まりだったけど、とても上手く走れていた2つのサーキットだった。これから迎えるサーキットは短く、MotoGPマシンで苦労するだろう。そのようなスタイルのサーキットに上手く順応しなければいけない。もちろん、レース毎に100%を尽くすけど、タイトルは、ホルヘかダニ。2人が最も強い」と、レース毎に順応して行くことを主張した。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising