公式予選:M.マルケスが今季3度目、4年連続のポールポジションを奪取

marquez qualifying motogp sachsenring
Saturday, 13 July 2013

3年連続してポール・トゥ・フィニッシュを決めたザクセンリンクに戻って来たフリー走行総合1番手のマルケスが、オースティン、ルマンに続き、今季3度目のポールポジションを獲得。BMW・M・アワーズで初めて首位に躍り出れば、クラッチローが2番手。ロッシが今季初の1列目。地元出身のブラドル、CRTのエスパルガロ、ヘイデンが続き、青山は公式予選1で10番手。ペドロサは欠場した。

第8戦ドイツGPの公式予選は13日、ザクセンリンクで行われ、初日総合5番手のマルク・マルケスがトップタイムをマーク。今季3度目のポールポジションを奪取した。

気温23度。路面温度38度のドライコンディションの中、フリー走行3を制したフリー走行総合1番手のマルケスは、フリー走行4で3番時計を記録した後、公式予選2で1分21秒311の1番時計を刻み、第2戦アメリカズGP、第4戦フランスGPに続き、今季3度目のトップグリッドを獲得。年間の最速者を決定するBMW・M・アワーズで初めて首位に躍り出た。

フリー走行3で転倒を喫したフリー走行総合4番手のダニ・ペドロサは、サーキット近郊の病院に搬送され、精密検査を受けた結果、頭部外傷とショック、腕神経叢損傷の可能性と診断。公式予選2を欠場したが、明日決勝レースに出場する場合には、フリー走行総合の結果により、公式予選2へ参戦権を得ていたことから、12番グリッドからのスタートとなる。

フリー走行総合6番手のカル・クラッチローは、初日に右手首、左前腕を負傷したが、フリー走行4で4番手に進出した後、公式予選2で0.123秒差の2番手。3戦連続4度目の1列目を確保した。

フリー走行総合5番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で1番時計を記録すると、公式予選2では、0.182秒差の3番手。今季初、2010年10月の第17戦ポルトガルGP以来となる1列目を獲得した。

フリー走行2を制したフリー走行総合2番手のステファン・ブラドルは、フリー走行4で2番手を維持。公式予選2の5ラップ目に3コーナーで今季6度目の転倒を喫したが、0.551秒差の4番手に進出。

フリー走行3で2番時計を記録してフリー走行総合3番手に進出したアレックス・エスパルガロは、0.576秒差の5番手に入り、自己最高位、CRT勢の最高位グリッドを獲得。

フリー走行総合7番手のニッキー・ヘイデンは、0.846秒差の6番手。今季2度目の2列目に進出すれば、ブラドリー・スミス、アルバロ・バウティスタ、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。

フリー走行総合13番手のクラウディ・コルティとフリー走行総合18番手のダニロ・ペトルッチは、公式予選1を初めて突破して、10番手と11番手に進出。

フリー走行総合20番手の青山博一は、フリー走行4で10番手、CRT勢の2番手に進出。公式予選1では、0.720秒差の10番手だった。

フリー走行総合11番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4の1コーナーで今季7度目の転倒を喫した際に右肩を脱臼したことから、公式予選1の参戦をキャンセルした。

TAGS Germany

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising