フリー走行2:S.レディングが1番手に浮上

Moto2™ is powered by
moto2 fp2 redding jerez
Friday, 3 May 2013

前戦で自己最高位を獲得したラバットがフリー走行1を制して、初日総合1番手に進出。ポイントリーダーのレディングは、フリー走行2で最速ラップを記録したが、総合2番手。エスパルガロ、中上、トーレスが続き、新車が投入された高橋は2.2秒差の総合26番手だった。

第3戦スペインGPのフリー走行2は3日、ヘレス・サーキットで行われ、スコット・レディングがトップタイムをマーク。エステベ・ラバットが初日を制した。

気温24度。路面温度46度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったレディングは、1分44秒台を8回、1分43秒台を1回記録。1分43秒984の1番時計を刻んだが、午前のタイムを更新できずに、初日総合2番手。

フリー走行1を制したラバットは、0.037秒差の2番手に後退したが、1分44秒台を最多の12回記録。午前のラップタイムで初日総合1番手を維持した。

フリー走行1で6番手の中上貴晶は、1分44秒台を6回記録して、0.133秒差の3番手に浮上。初日総合4番手に進出。

右肘、右上腕、右肩の骨折により開幕から2戦に欠場したトーマス・ルティは、午前のプラクティスで17ラップを周回した後、2度目のプラクティスでは14ラップを周回。1分44秒台を4回記録して、0.309秒差の4番手に進出すると、フリー走行1で14番手のドミニケ・エジャーターは、0.417秒差の5番手。

前戦アメリカズGPで初優勝を飾ったフリー走行1で9番手のニコラス・テロールは、0.429秒差の6番手。フリー走行1で3番手のポル・エスパルガロは、1分44秒台を8回記録して、0.527秒差の7番手。ジョルディ・トーレス、トニ・エリアス、マンセル・シュレッターがトップ10入り。

フリー走行1で21番手の高橋裕紀は、1分46秒台を7回記録して、2.294秒差の29番手。初日総合26番手だった。

TAGS Spain

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising