公式予選:中上貴晶が日本人としては故・富沢祥也以来のトップグリッドを獲得

Moto2™ is powered by
moto2 nakagami qp le mans
Saturday, 18 May 2013

フリー走行総合5番手の中上が、雨が降り始める前に1番時計を記録。キャリア初のポールポジションを奪取すれば、フリー走行総合1番手のレディングが2番手。ウェットコンディションで快走を見せた地元出身のザルコが3番手。ラバット、シメオンが続き、フリー走行総合29番手の高橋は、明日の決勝レースを8列目から迎える。

第4戦フランスGPの公式予選は18日、ルマン-ブガティ・サーキットで行われ、中上貴晶がトップタイムをマーク。キャリア初のポールポジションを奪取した。

気温16度。路面温度21度のドライコンディションの中、フリー走行総合5番手の中上は、残り25分に雨が降り始めた前に1分38秒508の1番時計を刻み、キャリア55戦目で初のトップグリップを獲得。日本人としては、2010年8月第10戦チェコGPの故・富沢祥也以来となるポールポジションとなった。

初日に連続して最速ラップを刻んだフリー走行総合1番手のスコット・レディングは、0.350秒差で2番手。3戦連続の1列目を確保すれば、フリー走行総合15番手のヨハン・ザルコは、0.670秒差の3番手。中量級で初の1列目を獲得。ウェットコンディションで最速リズムを刻んだ。

フリー走行3で最速ラップを刻んだフリー走行総合4番手のエステベ・ラバットは、0.685秒差の4番手。チャビエル・シメオン、ニコラス・テロール、ポル・エスパルガロ、トーマス・ルティ、マティア・パシーニ、ミカ・カリオがトップ10入り。

フリー走行総合29番手の高橋裕紀は、1.861秒差の23番手。明日の決勝レースを8列目から迎える。

TAGS France

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising