フリー走行3:E.ラバットがキャリア初の1番時計3連発

Moto2™ is powered by
moto2 rabat sepang fp3
Saturday, 12 October 2013

初日総合1番手のラバットが、ライバルたちを圧倒する最速リズムで、週末3度目の1番時計。ルティ、エスパルガロ、シモン、トーレスが続き、レディングは6番手。中上は10番手。ウェットコンディションでは、カリオが1番時計。テロール、エスパルガロ、エジャーター、ルティが続いた。

第15戦マレーシアGPのフリー走行3は12日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク3位のエステベ・ラバットがトップタイムをマーク。フリー走行総合1番手に進出した。

気温26度。路面温度35度のドライコンディション。セッション中に終盤に雨が降り始めた中、第5戦イタリアGP以来9戦ぶりに今季2度目の初日総合1番手に進出したラバットは、2分08秒台を3回、2分07秒台を5回記録して、2分07秒707の1番時計を刻んだ。

初日総合2番手のトーマス・ルティは、2分08秒台を3回記録して、0.529秒差の2番手を維持。

初日総合4番手のポル・エスパルガロは、2分08秒台を5回記録して、0.582秒差の3番手。初日総合18番手のフリアン・シモンと初日総合15番手のジョルディ・トーレスは、トップ5に浮上。

初日総合3番手のスコット・レディングは、2分08秒台を3回記録して、0.764の6番手。アレックス・デ・アンジェリス、チャビエル・シメオン、ドミニケ・エジャーターが続いた。

初日総合5番手の中上貴晶は、1度のコースインで6ラップを周回。2分08秒台を2回記録して、1.070秒差の10番手だった。

セッション終盤のウェットコンディションでは、ミカ・カリオが2分26秒264の1番時計。ニコラス・テロール、エスパルガロも2分26秒台に進出。エジャーター、ルティが続き、中上は走行を見送った。

TAGS Malaysia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising