フリー走行2:S.レディングが23番手から1番手に急浮上

Moto2™ is powered by
moto2 redding austin fp2
Friday, 19 April 2013

開幕戦で2位を獲得したレディングが、23番手発進した後のフリー走行2で1番時計を記録。シメオン、ザルコ、テロール、コルシが続き、エスパルガロはコンマ6秒差の7番手。中上は3番手から1.8秒差の16番手に後退。高橋は32名中31番手だった。

第2戦アメリカズGPのフリー走行2は19日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、スコット・レディングがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温20度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行1で23番手だったレディングは、2分13秒台を3回、2分12秒台を1回記録。2分12秒481の1番時計を刻み、初日総合1番手にジャンプアップした。

フリー走行1で7番手のチャビエル・シメオンは、2分13秒台を2回、2分12秒台を1回記録。0.383秒差の2番手に進出すると、フリー走行1で14番手だったヨハン・ザルコは、2分13秒台を6回、2分12秒台を1回記録。0.425秒差の3番手に浮上した。

フリー走行1で最速ラップ(2分15秒103)を刻んだニコラス・テロールは、0.444秒差の4番手に後退。シモーネ・コルシ、ミカ・カリオが続き、フリー走行1で12番手のポル・エスパルガロは、0.678秒差の7番手。マイク・ディ・メッリオ、エステベ・ラバット、ドミニケ・エジャーターがトップ10入り。

フリー走行1で3番手の中上貴晶は、2分14秒台を3回記録して、1.885秒差の16番手。フリー走行1で30番手の高橋裕紀は、5.211秒差の31番手だった。

TAGS Americas

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising