ウォームアップ走行:N.テロールが週末2度目の最速ラップ

Moto2™ is powered by
Sunday, 21 April 2013

3番グリッドのテロールが決勝レース前に週末2度目の1番時計を記録。ポールポジションのレディング、2番グリッドの中上、エスパルガロ、ラバットが続き、26番グリッドの高橋は、31人中30番手だった。

第2戦アメリカズGPのウォームアップ走行は21日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度19度のドライコンディションの中、3番グリッドのテロールは、2分12秒台を2回、2分11秒台を1回記録。2分11秒777の1番時計を刻み、決勝レース前にフリー走行1に続いて、週末2度目のセッションを制した。

ポールポジションを獲得したスコット・レディングは、2分12秒台を2回、2分11秒台を2回記録して、0.060秒差の2番手。

2番グリッドの中上貴晶は、2分12秒台を1回、2分11秒台を2回記録して、0.132秒差の3番手。

7番グリッドのポル・エスパルガロは、2分12秒台を最多の5回、2分11秒台を1回記録して、0.208秒差の4番手。4番グリッドのエステベ・ラバットは、2分12秒台を4回記録して、0.244秒差の5番手。ジョルディ・トーレス、ドミニケ・エジャーター、フリアン・シモン、シモーネ・コルシ、マイク・ディ・メッリオがトップ10入り。

26番グリッドの高橋裕紀は、2分16秒台を5回記録して、4.319秒差の30番手だった。

TAGS Americas

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising