フリー走行2:L.サロンが初日を制す1番時計

Thursday, 4 April 2013

シーズン最初のセッションで3番手だったサロンが1番時計を刻み、初日総合1番手に進出。フリー走行1を制したフォルガーは2番手。リンス、マルケス、アントネッリが続き、ビニャーレスは1.2秒差の9番手。フリー走行1で転倒を喫した渡辺は、6.1秒差で連続の最後尾32番手だった。

開幕戦カタールGPのフリー走行2は4日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ルイス・サロンがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温27度。路面温度27度のドライコンディションの中、フリー走行1で3番手だったサロンは、3度目のコースインで2分07秒台を5連発。2分07秒341の1番時計を刻み、初日総合1番手に進出した。

シーズンの最初のセッションを制したジョナス・フォルガーは、8ラップの周回に止まったが、2分07秒台を2回記録して、0.292秒差の2番手。

フリー走行1で2番手のアレックス・リンスは、2分07秒台を1回記録して、0.627秒差の3番手に入り、14番手だったアレックス・マルケスは、最多16ラップを周回して、1.010秒差の4番手。新人勢の最高位に進出すると、ニッコロ・アントネリ、エフレン・バスケス、ブラッド・ビンダー、ニクラス・アジョが続いた。

フリー走行1で10番手だったマーベリック・ビニャーレスは、1.261秒差の9番手。ヤコブ・コーンフィールがトップ10入り。

デビュー戦の最初のセッションで5ラップ目に転倒を喫した渡辺陽向は、15ラップを周回。トップから6.106秒差、マシントラブルに見舞われた31番手のアナ・カラスコから0.835秒差の最下位32番手だった。

TAGS Qatar

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising