フリー走行3:J.フォルガーが最速ラップで1番手に浮上

moto3 le mans folger fp3
Saturday, 18 May 2013

初日総合2番手のフォルガーは、フロントに重心を置くセッティングに変更して、今季3度目の1番時計。初日に転倒を喫したビニャーレスは2番手。初日総合1番手のリンスは3番手に後退したが、フリー走行総合で1番手を維持。初日総合3番手のサロンは、転倒を喫して12番手に後退。初日総合35番手の渡辺は30番手だった。

第4戦フランスGPのフリー走行3は18日、ルマン-ブガティ・サーキットで行われ、ジョナス・フォルガーがトップタイムをマーク。アレックス・リンスがフリー走行総合1番手に進出した。

気温12度。路面温度10度のドライコンディションの中、初日総合2番手のフォルガーは、1分45秒台を4回記録した後、1分44秒724の1番時計を刻み、初日のラップタイムを更新できなかったが、第3戦スペインGPのフリー走行2に続き、今季3度目の1番手に進出。

フリー走行2で今季2度目の転倒を喫した初日総合4番手のマーベリック・ビニャーレスは、1分45秒台を4回、1分44秒台を1回記録して、0.138秒差の2番手。

フリー走行2で最速リズムを刻んで、初日総合1番手に立ったアレックス・リンスは、1分45秒台を2回記録して、0.375秒差の3番手。初日のタイムで総合1番手を維持した。

初日総合14番手のミゲール・オリベイラは、0.693秒差の4番手に浮上すれば、初日総合10番手のロマーノ・フェナティは、0.761秒差の5番手に進出して、上位陣で唯一初日のラップタイムを更新。

初日総合3番手のルイス・サロンは、最終ラップに最終コーナーの立ち上がりで転倒。ニクラス・アジョに次ぐ7番手に後退。アレックス・マスボー、ズルファミ・カイルディンイサック・ビニャーレスがトップ10入り。

初日総合35番手の渡辺向陽は、2.749秒差の30番手。総合34番手に浮上した。

フリー走行2で転倒を喫して右鎖骨を骨折したエフレン・バスケスは、2週間後の第5戦イタリアGPへの参戦を目指して、18日、もしくは19日に手術を受ける。

TAGS France

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising