ウォームアップ走行:J.ミラーが初めての1番時計

Sunday, 19 May 2013

ウェットで行われたオフィシャルテストで好走を見せていた6番グリッドのミラーが、今季初のウェットコンディションで1番時計を記録。オリベイラ。マックフィー、リンス、マスボーがトップ5入り。ポールポジションのビニャーレスは6番手。33番グリッドの渡辺は29番手だった。

第4戦フランスGPのウォームアップ走行は19日、ルマン-ブガティ・サーキットで行われ、ジャック・ミラーがトップタイムをマークした。

気温11度。路面温度11度のウェットコンディションの中、6番グリッドのミラーは、レイン、ウェットコンディションで行われた2月、3月のオフィシャルテストを再現するように、1分55秒728の1番時計を記録。初めてセッションを制した。

2番グリッドのミゲール・オリベイラは、0.104秒差の2番手。ジョン・マックフィー、アレックス・リンス、アレックス・マスボーが続いた。

今季初のポールポジションを奪取したマーベリック・ビニャーレスは、0.793秒差の6番手。ニクラス・アジョ、ヤコブ・コーンフィール、アーサー・シシス、ズルファミ・カイルディンがトップ10入り。

5番グリッドのルイス・サロンは、2.535秒差の16番手、3番グリッドのジョナス・フォルガーは、2.852秒差の19番手。

33番グリッドの渡辺向陽は、4.106秒差の29番手。

18番グリッドのダニー・ウェッブは、公式予選で今季初転倒を喫した際に右脚を骨折したことから、決勝レースを欠場する。

TAGS France

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising