フリー走行2:A.リンスが今季3度目の初日総合1番手に進出

moto3 misano fp2 rins
Friday, 13 September 2013

ランク3位のリンスがフリー走行1で4番手だった後、フリー走行2で1番手に浮上。ルマン、ザクセンリンクに続いて、今季3度目の初日総合1番手に進出すれば、ビニャーレス、マルケス、フォルガー、ビンダーが続き、転倒を喫したサロンは6番手。ミサノ初挑戦の渡辺は初日総合34番手だった。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は13日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、アレックス・リンスがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度38度のドライコンディションの中、フリー走行1で4番手だったリンスは、1分44秒台を6回、1分43秒台を3回記録。1分43秒457の1番時計を刻み、第4戦フランスGP、第8戦ドイツGPに続き、今季3度目の初日総合1番手に進出した。

週末最初のプラクティスを制したマーベリック・ビニャーレスは、1分44秒台を5回、1分43秒台を3回記録して、0.283秒差の2番手。

午前のプラクティスで5番手だったアレックス・マルケスは、1分44秒台を9回、1分43秒台を1回記録した後、今季8度目の転倒を喫したが、0.369秒差の3番手に浮上。

3番手発進したジョナス・フォルガーは、1分44秒台を10回記録して、0.766秒差の4番手。19番手だったブラッド・ビンダーは、1分44秒台を3回記録して、0.806秒差の5番手に躍進。

フリー走行1で7番手だったルイス・サロンは、今季4度目の転倒を喫したが、1分44秒台を3回記録して、0.932秒差の6番手。イサック・ビニャーレス、ジャック・ミラー、ニッコロ・アントネッリ、ミゲール・オリベイラがトップ10入り。

午前中2番手のエフレン・バスケスは、タイムを更新できずに、19番手に後退。

フリー走行1で35番手だった渡辺陽向は、3度のコースインで19ラップを周回。1分46秒台を2回記録して、3.119秒差の34番手だった。

TAGS San Marino

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising