決勝レース:A.リンスが逆転で今季4勝目

moto3 race misano rins
Sunday, 15 September 2013

2番グリッドのリンスと3番グリッドのビニャーレスが優勝争いを展開。リンスが今季4勝目を挙げれば、ビニャーレスが今季11度目の表彰台を獲得。10番グリッドのサロンは4位だったことから、3人のポイントが21ポイント以内に接近した。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースは15日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、アレックス・リンスが今季4勝目を飾った。

気温25度。路面温度31度のドライコンディションの中、2番グリッドのリンスは、1ラップ目からマーベリック・ビニャーレスとのバトルを展開。最終ラップに逆転して、3戦ぶりに優勝。ポイントリーダーとのポイントギャップを33ポイント差から21ポイント差に詰めた。

ウォームアップ走行で週末2度目の1番時計を刻んだ3番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、2位に入り、今季11度目の表彰台を獲得。

9番グリッドのアレックス・マルケスは、単独走行で2戦連続の3位、3度目の表彰台を獲得。ランク4位に浮上した。

10番グリッドのルイス・サロンは、5人によるバトルに競り勝って、4位に進出。ジャック・ミラー、ズルファミ・カイルディン、ミゲール・オリベイラ、ニッコロ・アントネッリが続き、13番グリッドのフィリップ・エッテルが単独走行で自己最高位の9位に進出。ロマーノ・フェナティがトップ10入りした。

32番グリッドの渡辺陽向は、22位争い中のラスト5ラップに今季11度目の転倒を喫したが、レースに復帰して、最後尾の28位でゴールした。

今季2度目のポールポジションを獲得したジョナス・フォルガーは、ホールショットを決めて、トップグループに位置していたが、4ラップ目にハイサイドから今季2度目の転倒。今季初のリタイヤを喫した。

ポイントランキングは、ポイントリーダーのサロンとランク2位のビニャーレスのポイントギャップが26ポイント差から19ポイント差に詰まった。

次戦アラゴンGPは、モーラーランド・アラゴンで27日に開幕、29日に決勝レースが行われる。

TAGS San Marino

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising