決勝レース:M.ビニャーレスが地元で今初優勝

moto3 race vinales jerez
Sunday, 5 May 2013

ウォームアップ走行を制した2番グリッドのビニャーレスは、転倒が相次ぎ、17ラップ目に赤旗が提示されたレースで今季初優勝。サロン、フォルガーが表彰台を獲得。ビンター、コーンフィールが自己最高位で続き、33番グリッドの渡辺は、今季最高位の24位に進出した。

第3戦スペインGPの決勝レースは5日、ヘレス・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレスが地元で今季初優勝を飾った。

気温23度。路面温度33度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行を制した2番グリッドのビニャーレスは、3ラップ目にトップに飛び出してレースをリード。17ラップ目に赤旗が提示されたことから、トラック上の全ライダーが通過した15ラップの順位が適応され、地元で今季初優勝、通算10勝目を飾った。

3番グリッドのルイス・サロンは、0.263秒差の2位。開幕から3戦連続の表彰台を連取すれば、7番グリッドのジョナス・フォルガーは3位に入り、今季初の表彰台を獲得。

4番グリッドのブラッド・ビンダーは、自己最高位となる4位を獲得。学業の国家試験のため、初日を欠場したヤコブ・コーンフィールは、4人によるトップ5入りに競り勝って、自己最高位の5位。ニクラス・アジョ、ズルファミ・カイルディン、エフレン・バスケス、アレックス・マスボーがトップ10入り。

16歳と8日でデビュー戦を迎えたリビオ・ロイは、ポイント圏内の15位でフィニッシュ。

11列目33番グリッドの渡辺陽向は、今季最高位の24位。

ポールポジションのアレックス・リンスは、2番手走行中の10ラップ目に転倒。赤旗の原因となったアラン・ティチャーは、意識を取り戻して、メディカルセンターに移動。頭部を強打したことから、精密検査のため、ヘレス市内の病院に搬送された。

ポイントランキングは、ビニャーレスがポイントリーダーに浮上。ランク2位のサロンに4ポイント差、ランク3位に後退したリンスに24ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦フランスGPは、2週間後の17日にルマンで開幕。19日に決勝レースを迎える。

TAGS Spain

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising