フリー走行2:A.リンスがキャリア初の初日総合1番手に進出

moto3 rins fp2 le mans
Friday, 17 May 2013

前戦で転倒リタイヤを喫して、ランク3位に後退したリンスが、フリー走行1で2番手発進した後、2度目のプラクティスで最速リズムを刻んで今季5度目の1番時計。キャリア初となる初日総合1番手に進出すると、フォルガー、サロン、ビニャーレス、ウェッブがトップ5入り。34番手発進した渡辺は、4.3秒差の最後尾の35番手に後退した。

第4戦フランスGPのフリー走行2は17日、ルマン-ブガティ・サーキットで行われ、アレックス・リンスがトップタイムをマーク。キャリア2年目で初の初日総合1番手に進出した。

気温16度。路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったリンスは、1分44秒台を最多の5回記録。1分44秒147で今季5度目の1番時計を刻み、キャリア21戦目で初めて初日を制した。

フリー走行1で3番手だったジョナス・フォルガーは、1分44秒台を4回記録して、0.006秒差の2番手に浮上。

フリー走行1で4番手だったルイス・サロンは、1分45秒台を3回、1分44秒台を2回記録して、0.531秒差の3番手に進出。

フリー走行1を制したマーベリック・ビニャーレスは、1分45秒台を2回、1分44秒台を2回記録して、0.676秒差の4番手に後退。

フリー走行1で10番手だったダニー・ウェッブは、1分45秒台を3回記録して、0.926秒差の5番手に浮上。ニクラス・アジョ、ブラッド・ビンダー、アレッサンドロ・トヌッチ、ニッコロ・アントネッリ、ロマーノ・フェネティがトップ10入り。

フリー走行1で34番手だった渡辺向陽は、2度のコースインで15ラップを周回。1分48秒台を2回記録して、4.313秒差の35番手に後退して、初挑戦となるルマンの初日は最後尾だった。

フリー走行1で33番手だったエフレン・バスケスは、3ラップ目に転倒を喫した際に、右鎖骨を骨折した。

TAGS France

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising