決勝レース:リンス&マルケスが1‐2位フィニッシュ

moto3 rins race indianapolis
Sunday, 18 August 2013

公式予選で1‐2番グリッドを獲得したエストレージャ・ガルシア・0.0のリンスとマルケスが、7月下旬にスペイン北西部のガルシア州で起きた列車脱線事故の被害者たちに捧げる1‐2位フィニッシュを決め、3番グリッドのビニャーレスが、9戦連続の表彰台を獲得。ポイントリーダーのサロンは、今季初めて表彰台を逃し、29番グリッドの渡辺は、転倒リタイヤを喫した。

第10戦インディアナポリスGPの決勝レースは18日、インディアナポリス・モーター・スピード・ウェイで行われ、アレックス・リンスが優勝。今季3度目のポール・トゥ・フィニッシュを飾った。

気温26度。路面温度37度のドライコンディションの中、2戦連続4度目のポールポジションからスタートしたリンスは、2番グリッドのアレックス・マルケス、3番グリッドのマーベリック・ビニャーレスとの優勝争いを展開。僅少さで競り勝って、2戦連続3勝目を挙げた。

自己最高位のグリッドを獲得したマルケスは、通算20戦目で初の表彰台となる2位に進出し、7度目の1列目からスタートしたビニャーレスは、開幕から9戦連続の表彰台を獲得。

ウォームアップ走行で週末2度目の1番時計を記録した7番グリッドのジョナス・フォルガーは、3人による4位争いを競り勝ち、10番グリッドのルイス・サロンは、公式予選の転倒で強打した左足の激痛に耐えて、5位に進出。

自己最高位の6番グリッドからスタートしたアーサー・シシスは、今季の最高位となる6位を獲得。ズルファミ・カイルディロン、ミゲール・オリベイラ、ロマーノ・フェナティ、ヤコブ・コーンフィールがトップ10入り。

4番グリッドのエフレン・バスケスは、エンジントラブルにより、7位争い中の残り4ラップにリタイヤ。5番グリッドのジャック・ミラーは、4ラップ目に今季5度目の転倒を喫して、右鎖骨を骨折。29番グリッドの渡辺陽向は、25番手走行中の14ラップ目に今季10度目の転倒を喫して、リタイヤした。

ポイントランキングは、ポイントリーダーのサロンが11ポイントを加算したが、ランク2位のビニャーレスが9ポイント差、ランク3位のリンスが16ポイント差に接近した。

次戦チェコGPは、ブルノ・サーキットで23日に開幕。25日に決勝レースが行われる。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising