フリー走行2:L.サロンが8番手から1番手に浮上

moto3 salom fp2 mugello
Friday, 31 May 2013

フリー走行1で8番手だったランク2位のサロンが、ドライセッションとなったフリー走行2で最速ラップをマーク。ポイントリーダーのビニャーレスは0.025秒差の2番手。午前のプラクティスを制したフォルガーは、コンマ4秒差の3番手。ウェッブ、ミラーが続き、渡辺は25番手から4.3秒差の最後尾の33番手に後退した。

第5戦イタリアGPのフリー走行2は31日、ムジェロ・サーキットで行われ、ルイス・サロンがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

気温16度。路面温度25度のドライコンディションの中、フリー走行1で8番手のサロンは、2分00秒台を5回、1分59秒台を最多の2回記録。1分59秒606の1番時計を刻み、ポール・トゥ・フィニッシュを決めた開幕戦カタールGP以来、今季2度目となる初日総合1番手に浮上した。

フリー走行1で2番手のマーベリック・ビニャーレスは、2分00秒台を4回、1分59秒台を1回記録して、0.025秒差の2番手。

フリー走行1で1番手に進出したジョナス・フォルガーは、2分00秒台を最多の7回記録して、0.495秒差の3番手に後退。

前戦フランスGP公式予選のハードクラッシュで頭部を強打したことから、決勝レースの欠場を強いられたダニー・ウェッブは、2分00秒台を2回記録して、18番手から0.755秒差の4番手に浮上。

フリー走行1で5番手のジャック・ミラーは、2分00秒台を2回記録して、5番手を維持。ミゲール・オリベイラ、ロナーネ・フェナティ、ニッコロ・アントネッリ、ジョン・マックフィーが続いた。

フリー走行1で4番手のアレックス・リンスは、1.527秒差の10番手。フリー走行1で3番手だったワイルドカード参戦のアンドレア・ロカテリは、2.354秒差の22番手に後退。

前戦のフリー走行2で転倒を喫した際に右鎖骨を骨折したエフレン・バスケスは、転倒のリスクを回避するために午前の走行を見送ったが、午後には17ラップを周回して、3.216秒差の29番手。

フリー走行1で25番手だった渡辺陽向は、2度のコースインで最多の18ラップを周回。2分04秒台を5回、2分03秒台を1回記録して、4.303秒差の最後尾33番手。

最初のプラクティスで33番手だったヤコブ・コーンフィールは、内耳炎のために欠場。明日の朝にメディカルチェックを受ける。

TAGS Italy

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising