フリー走行2:もう1人のビニャーレスがキャリア初の1番時計

moto3 vinales isaac fp2 montmelo
Friday, 14 June 2013

フリー走行1で自己最高位の5番手に進出したマーベリック・ビニャーレスの従兄イサックが、キャリア初の1番時計を記録。マルケス、マーベリック、リンス、サロン、バスケスが続き、地元勢がトップ6を独占。サロンがフリー走行1のタイムで総合1番手。渡辺は28番手から27番手に進出した。

第6戦カタルーニャGPのフリー走行2は14日、カタルーニャ・サーキットで行われ、イサック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。ルイス・サロンが初日総合1番手に進出した。

気温28度。路面温度49度のドライコンディションの中、フリー走行1で5番手だったビニャーレスは、1分53秒台を4回、1分52秒台を1回記録。1分52秒339を刻み、キャリアで初めて1番手に進出した。

フリー走行1で7番手のアレックス・マルケスは、最多の18ラップを周回。1分53秒台を5回、1分52秒台を1回記録して、0.010秒差の2番手の2番手に浮上。

フリー走行1で2番手だったマーベリック・ビニャーレスは、1分53秒台を4回、1分52秒台を最多の5回記録して、0.134秒差の3番手。

フリー走行1で6番手のアレックス・リンスは、1分53秒台を6回、1分52秒台を1回記録。0.372秒差の4番手に入れば、フリー走行1を制したルイス・サロンは、1分53秒台を6回、1分52秒台を1回記録。0.518秒差の5番手に後退したが、午前のタイムで総合1番手。

2戦欠場後に復帰したフリー走行1で11番手のエフレン・バスケスは、0.659秒差の6番手に浮上。右鎖骨骨折から回復したことを証明すれば、ニッコロ・アントネッリ、ブラッド・ビンダー、ミゲール・オリベイラ、ヤコブ・コーンフィールがトップ10入り。

フリー走行1で転倒を喫した28番手の渡辺陽向は、3度のコースインで17ラップを周回。1分54秒台を3回記録して、2.429秒差の27番手。

前戦後のモトクロストレーニングで右手首を骨折したジョナス・フォルガーは、午前のプラクティスで5ラップを周回したが、週末2度目の精密検査を受けて、欠場を決断した。

TAGS Catalunya

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising