フリー走行2:J.ロレンソが2戦ぶりに初日総合1番時計

motogp lorenzo fp2 mugello
Friday, 31 May 2013

フリー走行1で14番手のロレンソが1番時計を記録。ロッシが0.034秒差の2番手、クラッチローが3番手に入り、ヤマハ勢が今季初めて上位を独占。ヘイデン、ペドロサが続き、午前1番手のマルケスは、ハードクラッシュを喫して14番手に後退。CRT勢ではド・プニエが1.2秒差の9番手。青山は3.8秒差の21番手だった。

第5戦イタリアGPのフリー走行2は31日、ムジェロ・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

気温17度。路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1で14番手のロレンソは、1分49秒台を4回、1分48秒台を4回記録。1分48秒375の1番時計を刻み、第3戦スペインGP以来、今季3度目の初日総合1番手に返り咲いた。

フリー走行1で19番手のバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで最多の20ラップを周回。1分49秒台を最多の6回、1分48秒台を最多の8回記録して、0.034秒差の2番手にジャンプアップ。

フリー走行1で9番手のカル・クラッチローは、1分49秒台を5回、1分48秒台を1回記録して、0.297秒差の3番手に浮上。ヤマハ勢が今季初めてトップ3を独占した。

フリー走行1で7番手のニッキー・ヘイデンは、1分50秒台を5回、1分49秒台を1回記録して、1.002秒差の4番手。

フリー走行1で8番手のダニ・ペドロサは、1分50秒台を2回、1分49秒台を4回記録して、1.008秒差の5番手。

午前のプラクティスで転倒を喫したアンドレア・ドビツィオーソは、メディカルセンターで頚椎を検査。異常がないことを確認して、アンドレア・イアンノーネに次ぐ1.168秒差の7番手。フリー走行1で3番手のステファン・ブラドルは8番手。

フリー走行1で18番手のランディ・ド・プニエは、1分50秒台を4回、1分49秒台を3回記録して、CRT勢の最高位となる1.224秒差の9番手に進出。

フリー走行1で2番手のミケーレ・ピロは10番手。アルバロ・バウティスタ、アレックス・エスパルガロが続き、13ラップ目に転倒を喫したブラドリー・スミスは、左手首を強打。

フリー走行1で1番手に進出したマルク・マルケスは、10ラップ目の1コーナー手前で転倒。顎を負傷して、1.835秒差の14番手。

午前に13ラップを周回したベン・スピースは、14ラップを周回して、エクトル・バルベラに次ぐ2.730秒差の16番手。

フリー走行1で16番手の青山博一は、1分52秒台を7回記録して、3.807秒差の21番手、CRT勢では2.583秒差の8番手だった。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising