フリー走行2:M.マルケスが今季3度目の初日総合1番手に進出

motogp marquez fp2 indianapolis
Friday, 16 August 2013

オースティンとムジェロに続き、今季3度目の1番手発進を決めたポイントリーダーのマルケスが、優勝を飾ったオースティンとラグナセカに続き、今季3度目の初日総合1番手に進出。ペドロサとブラドルが続き、ホンダ勢が上位を独占。ホレンソ、クラッチロー、ロッシが続き、青山は初日連続の20番手だった。

第10戦インディアナポリスGPのフリー走行2は16日、インディアナポリス・モーター・スピード・ウェイで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。サマーブレイク明けの初日を制した。

気温23度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したマルケスは、1分40秒台を5回、1分39秒台を最多の6回記録。1分39秒502の1番時計を刻み、第2戦アメリカズGP、第9戦アメリカGPに続き、今季3度目の初日総合1番手に進出した。

フリー走行1で7番手のダニ・ペドロサは、1分40秒台を6回、1分39秒台を2回記録して、0.080秒差の2番手に浮上。

フリー走行1で4番手のステファン・ブラドルは、6ラップ目に今季7度目の転倒を喫したが、1分40秒台を8回、1分39秒台を3回記録して、0.719秒差の3番手に入り、ホンダが初日トップ3を独占。

フリー走行1で3番手のホルヘ・ロレンソは、1分40秒台を6回、1分39秒台を1回記録して、0.263秒差の4番手。

フリー走行1で2番手だったカル・クラッチローは、1分40秒台を10回、1分39秒台を2回記録して、0.311秒差の5番手。

フリー走行1で5番手のバレンティーノ・ロッシは、1分40秒台を9回記録して、0.585秒差の6番手。

フリー走行1で6番手のアルバロ・バウティスタは、1分40秒台を10回記録して、0.585秒差の7番手。

フリー走行1で10番手のブラドリー・スミスは、1分40秒台を5回記録して、0.738秒差の8番手。

ホンダ勢、ヤマハ勢がトップ8に進出した後、ドゥカティ勢では、フリー走行1で9番手だったニッキー・ヘイデンが、0.931秒差の9番手。フリー走行1で8番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1.050秒差の10番手。

フリー走行1で13番手だったアレックス・エスパルガロは、1分40秒台を2回記録して、1.248秒差の11番手。

負傷から復帰したベン・スピースとアンドレア・イアンノーネは、CRT勢の2番手に進出したダニロ・ペトルッチに次いで、13番手と14番手。

フリー走行1で20番手の青山博一は、3度のコースインで20ラップを周回。1分42秒台を3回記録して、3.306秒差の20番手、CRT勢の8番手だった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising