フリー走行3:M.マルケスが3戦連続6度目のフリー走行総合1番手

Saturday, 17 August 2013

初日総合1番手のマルケスが、初優勝を飾ったオースティン以来となる2度目の3連続1番時計。3戦連続6度目のフリー走行総合1番手に進出すれば、ブラドル、クラッチロー、バウティスタ、ペドロサが続き、ロレンソは6番手、ロッシは7番手。初日20番手の青山は18番手。負傷から復帰したスピースが転倒を喫した。

第10戦インディアナポリスGPのフリー走行3は17日、インディアナポリス・モーター・スピード・ウェイで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温20度。路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1から連続してプラクティスを制した初日総合1番手のマルケスは、1分39秒台を4回、1分38秒台を1回記録。1分38秒844の1番時計を刻み、3戦連続6度目のフリー走行総合1番手に進出。第2戦アメリカズGP以来となる2度目の3連続の最速ラップを叩き出した。

初日総合3番手のステファン・ブラドルは、1分39秒台を11回記録して、0.281秒差の2番手。

初日総合5番手のカル・クラッチローは、1分39秒台を6回記録して、0.597秒差の3番手。

初日総合7番手のアルバロ・バウティスタは、1分39秒台を6回記録して、0.694秒差4番手。

初日総合2番手のダニ・ペドロサは、1分39秒台を5回記録して、0.725秒差の5番手。

初日総合4番手のホルヘ・ロレンソは、1分39秒台を最多の13回記録して、0.753秒差の6番手。

初日総合6番手のバレンティーノ・ロッシは、1分39秒台を6回記録して、0.796秒差の7番手。ブラドリー・スミス、アンドレア・ドビツィオーソ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。公式予選2への進出を決めた。

CRT勢では、初日総合13番手のダニロ・ペトルッチが、アンドレア・イアンノーネに次ぐ2.035秒差の12番手。今季初めて1番手に飛び出した。

初日総合20番手の青山博一は、1分42秒台を9回記録して、3.197秒差の18番手、CRT勢の6番手。

初日総合12番手のベン・スピースは、9ラップ目の4コーナーで今季2度目の転倒を喫した際に左肩を強打した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising