フリー走行2:M.マルケスが今季3度目の初日連続1番時計

motogp misano marquez fp2
Friday, 13 September 2013

フリー走行1を制したマルケスが、オースティン、インディアナポリスに続いて、今季3度目となる初日連続の1番時計を連発。今季4度目の初日総合1番手に進出すれば、ペドロサ、ロッシ、ロレンソが続き、CRTのエスパルガロが5番手。青山は初日総合19番手だった。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は13日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温24度。路面温度38度のドライコンディションの中、フリー走行1で2戦連続5度目の1番手発進を決めたマルケスは、1分34秒台を11回記録。1分34秒200で第2戦アメリカズGP、第10戦インディアナポリスGPに続いて、今季3度目の初日連続1番時計を刻んだ。

週末最初のプラクティスで2番手だったダニ・ペドロサは、1分34秒台を8回記録して、0.033秒差の2番手を維持。

午前のプラクティで4番手だったバレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで最多の23ラップを周回。1分34秒台を12回記録して、0.258秒差の3番手に浮上。

3番手発進だったホルヘ・ロレンソは、1分34秒台を最多の12回記録して、0.295秒差の4番手。

CRTのアレックス・エスパルガロは、1分34秒台を2回記録して、0.532秒差の5番手。10番手から躍進すれば、フリー走行1で5番手のアルバロ・バウティスタは、1分34秒台を5回記録して、0.658秒差の6番手。ミケーレ・ピロ、アンドレア・ドビツィオーソ、ステファン・ブラドル、カル・クラッチローがトップ10入り。

フリー走行1で15番手だった青山博一は、2.446秒差の19番手だった。

TAGS San Marino

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising