フリー走行1:前戦勝者のJ.ロレンソが地元で今季3度目の1番時計発進

motogp montmelo lorenzo fp1
Friday, 14 June 2013

前戦勝者のロレンソが、カタール、ヘレスに続き、今季3度目の1番時計発進を決めると、ポイントリーダーのペドロサとサテライト勢リーダーのクラッチローが僅少さで続き、ロッシとドビツィオーソがトップ5入り。マルケスは1.2秒差の9番手。左膝の負傷を抱える青山は3.5秒差の20番手、CRT勢で8番手だった。

第6戦カタルーニャGPのフリー走行1は14日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度33度のドライコンディションの中、前戦イタリアGPで優勝を飾ったランク2位のロレンソは、1分42秒台を6回記録。1分42秒422を刻み、開幕戦カタールGP、第3戦スペインGPに続き、今季3度目の1番時計発進を決めた。

ポイントリーダーのダニ・ペドロサは、1分42秒台を6回記録して、0.023秒差の2番手。

ランク4位のカル・クラッチローは、1分42秒台を3回記録して、0.070秒差の3番手。

ランク6位のバレンティーノ・ロッシは、最多の20ラップを周回。1分43秒台を最多の10回、1分42秒台を3回記録して、0.439秒差の4番手。

ランク5位のアンドレア・ドビツィオーソは、0.689秒差の5番手に進出すれば、ランク8位のアルバロ・バウティスタは、15ラップ目に今季3度目の転倒を喫したが、0.690秒差の6番手。ステファン・ブラドル、ニッキー・ヘイデンが続いた。

ランク3位のマルク・マルケスは、1分43秒台を8回記録して、1.219秒差の9番手。

ランク10位のアレックス・エスパルガロは、1分44秒台を4回、1分43秒台を1回記録して、CRT勢の最高位となる1.392秒差の10番手。

ベン・スピースの負傷代役に指名されたドゥカティ・コルセのテストライダー、ミケーレ・ピロは、2.097秒差の13番手。

前戦で左膝を負傷した青山博一は、前日のメディカルチェックを受けると、3度のコースインで17ラップを周回。3.507秒差の20番手、CRT勢では、2.111秒差の8番手だった。

TAGS Catalunya

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising